Help us understand the problem. What is going on with this article?

nreal developerページをざっと読んでみた (Image Tracking編)

前回はQuickstart編

今回はImage Tracking編で
https://developer.nreal.ai/develop/unity/image-tracking
を見ていきます!

Introduction (導入)

画像追跡機能には画像やロゴなどを使用できる。
順序としては

  1. Unityの画像データベースに登録
  2. アプリをビルド
  3. 画像を印刷
  4. Nrealで画像を見る

の順番となりそうです。

Capabilities (何できる?)

  • 所定の位置に固定された画像の検出と追跡
  • 動いている画像の検出と追跡
  • 追跡開始後、画像の位置、回転、スケールの推定を継続的に行う
  • 1つの環境内で10個の画像を記憶できる。 しかし、現在のバージョンでは、これらの画像を同時に追跡することはできない。したがって、各フレームで追跡できる画像は1つだけです。さらに、同じ画像の複数インスタンスも追跡しません。

複数同時画像トラッキングに関して、今はできないようです。

Requirements (これはやってね)

Image Selection Checklist(画像選択のチェックリスト)

  • 最低限
    • jpeg形式
    • グレースケール or RGBカラー
    • dpi値が150以上
    • 印刷された画像は1m×1m未満
  • より良い推定のために
    • 特徴点が分散している
      • 真っ白or真っ黒な画像はやめよう
    • 自己類似度が低い画像
      • 同じ模様の繰り返しのような画像は避けよう
    • NRSDKは追跡品質を評価できる
      • 一定以上の追跡頻出でなければならない
  • オリジナルの画像をデザインする場合
    • Adobe PhotoshopではなくAdobe Illustratorでエクスポートするほうがおすすめ

Image Tracking Condition Requirement (画像追跡する時のお願い)

  • 光沢な印刷紙より、光の反射が少ない印刷紙が良い
  • 画像追跡を初める良い方法は、画像を少し角度を付けて表示しながら、画像を平坦で歪みのない状態に保つことが良い。

良い画像、悪い画像の例
image.pnghttps://developer.nreal.ai/develop/unity/image-tracking

Image Tracking Tutorial (やってみよう)

nreal developerページをざっと読んでみた (Quickstart編)
でQuickStartしている前提で進めます。

Build and Run the Sample App (早速試そうぜ)

ビルドする前に、Build SettingでAssets > NRSDK > Demos > ImageTrackingのシーンが選択されていることを確認してください。

ケーブルを繋いでBuild and Run。

すると、指定の画像を見るとトラッキングするようになります。
指定の画像はAssets>NRSDK>Demos>TrackingImage>Imagesにあります。

貼り付けた画像_2020_07_04_17_36.png

Create the Database File (画像データベースを作ろう)

Unity内で画像を選択して右クリックして、Create/NRSDK/TrackingImageDatabaseを選択すると新しく画像データベースが生成される。

ポイントは
- Quality Scoreが65以上が好ましい
- Width(m)は実際の画像のサイズを等しくする必要がある

Set the Database File (データベースファイルをセットしよう)

プロジェクトウィンドウからAssets/NRSDK/にてNRKernalSessionConfigを開く。
そして、Tracking Image Database部分を入れ替える。

image.png

Get Tracked Image (追跡された画像を取得)

Assets > NRSDK > Demos > TrackingImage > Scripts > MarkerDetecter.csを見て、

NRSession.GetTrackables<NRTrackableImage>(m_NewMarkers, TrackableQueryFilter.New);

これが取得している例だよ。

m_NewMarkersにトラッキングした画像情報が入るみたいです。

Next Step

次はNreal Controller編、見てね!

iwaken71
Unityの可能性を広げたい人 最近はARとバーチャルYouTuberが好き
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした