Help us understand the problem. What is going on with this article?

【PBCS】FDMEE機能 - ⑦ロケーション~⑨マッピング定義

前記事はこちら
【PBCS】FDMEE機能 - ④ソース・システム~⑥インポート・フォーマット

⑦ロケーション

・[データ管理]>[設定]>[ロケーション]
・データの取込単位を定義


・ロケーションを ⑥インポート・フォーマットの個数分 作り、⑥⑦を紐づける

【名前】任意ロケーション名(例:LOC_[インポート・フォーマット名] 等)
【インポート・フォーマット】⑥を指定
【機能通貨】[NONE]
【確認エンティティグループ】[NONE]
【ロジック勘定科目グループ】[NONE]
【確認ルールグループ】[NONE]

⑧データ・ロード・ルール

・[データ管理]>[ワークフロー]>[データ・ロード・ルール]
・テキストファイルとのデータ連携の際に実行するルールを定義


・データ・ロード・ルールを ⑥インポート・フォーマットの個数分 作り、⑥⑦⑧を紐づける
  ※必ず画面下から紐づけるロケーションを選択してから登録すること
 
【名前】任意のデータ・ロード・ルール名(例:DLR_[インポート・フォーマット名] 等)
【カテゴリ】③で設定したカテゴリから選択
【ターゲットプランタイプ】Plan1(BSO)
【インポート・フォーマット】⑥を指定

⑨マッピング定義

・[データ管理]>[ワークフロー]>[データ・ロード・マッピング]
・ソース・システムからターゲット・システムへデータを連携する際のマッピングを定義


【種類】1. 明示 :ソース値との 完全一致 がターゲット値に置き換えられる
    2. 範囲 :ソース値の 範囲 が1つのターゲット値に置き換えられる
    3. 含む :非シーケンシャルなソース値のリストを1つのターゲット値にマッピングできる
        →別途用意したcsvのリストから、ソース値とターゲット値を読み込ませたい場合に使用
    4. マルチ・ディメンション :複数のソース列値に基づいてメンバー・マッピングを定義できる
    5. 類似 :ソース値内の文字列との一致がターゲット値に置き換えられる

【ソース値】取込元の値
【ターゲット値】取込先のメンバー
【符号の変更】Accountのみ
【ルール名】「明示」を除くものすべてに設定
 ※「DATA」には基本何も設定しなくてよい

<例>ソース・ファイルのAccountの値:12345
   取込先(PBCS)Accountの値:AC12345 に変換する場合

   【タイプ】類似
   【ソース値】*
   【ターゲット値】AC*
   【ルール名】Rule01 ※任意の名称でOK 

設定後のFDMEE実行方法

①「 データ・ロード・ルール 」を押下
②画面下から実行するロケーションとカテゴリを選択
③「 ソース・オプション 」にて取込csvファイルの名前を選択する
④「実行」を押下
  ・「ソースからインポート」「ターゲットにエクスポート」にチェックを入れることで
     インポートからエクスポートまで1回で実行 する

※エクスポート・モード=「データの保管」で、データのマージが可能
同じ次元交差の行をcsv内で複数持った場合、合算金額として取り込むことができる

Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away