Edited at

Dropbox CLIでLAN syncをするポート

More than 3 years have passed since last update.

DropboxのCLI版を使っていてufwによりポートが塞がっていてLAN syncができなかったのでできるようにしたメモ

LAN 同期について - Dropbox


LAN 同期には TCP ポート 17500 へのアクセスが必要です。


と書いてあったのでとりあえずTCPだけ有効にしてしばらく待ってから dropbox.py status を叩いてもLAN syncされません…

% sudo ufw allow 17500/tcp

Rule added
Rule added (v6)

% dropbox.py status
Syncing (15,012 files remaining, 6 mins left)
Downloading 15,012 files (1,590 KB/sec, 6 mins left)

ちなみに上記の ufw コマンドは sudo ufw allow db-lsp でもできます(Ubuntu 14.04 LTSのufwで確認)。TCP17500番ポートはDB-LSPと呼ばれているようです。

What Port Is 17500 Dropbox LanSync Protocol (db-lsp); used to synchronize file catalogs between Dropbox clients on your local network. Dropbox LanSync Discovery (db-lsp-disc); used to synchronize file catalogs between Dropbox clients on your local network; is transmitted to broadcast addresses.

このDB-LSPのみではノードを見つけられないためDB-LSP-DISCも通す必要があります。

DB-LSP-DISCはUDP17500番のため、17500/udp を通すとLAN syncしていることが確認できました。ufw には db-lsp プロファイルは用意されているのに db-lsp-disc はありません。社会は厳しい。

% sudo ufw allow 17500/udp

Rule added
Rule added (v6)

% dropbox.py status
Syncing (15,193 files remaining, 5 mins left)
Downloading 15,193 files (LAN) (28,017 KB/sec, 5 mins left)