Edited at

rbenv+ruby-buildを利用してUbuntuにRubyをインストールする

More than 5 years have passed since last update.

Rubyをそれぞれのバージョンごとにインストールできるアレです。

(Rubyの最新版は2.1.2/2014年8月15日現在)


rbenvとruby-buildのインストール

リポジトリの更新をする。

$ sudo apt-get update

必要なパッケージをインストールする。

$ sudo apt-get install -y build-essential

gitをインストールする。

$ sudo apt-get install -y git

rbenvをクローンする。

$ git clone https://github.com/sstephenson/rbenv.git ~/.rbenv

ruby-buildをクローンする。

$ git clone https://github.com/sstephenson/ruby-build.git ~/.rbenv/plugins/ruby-build

.bashrcに追記する。

$ echo 'export PATH="~/.rbenv/bin:$PATH"' >> ~/.bashrc

$ echo 'eval "$(rbenv init -)"' >> ~/.bashrc

シェルをリスタートする。

$ source ~/.bashrc

インストール可能バージョンを一覧表示する。

$ rbenv install -l


最新のRubyのインストールと利用

最新のRubyをインストールする。

$ rbenv install 2.1.2

最新のRubyをデフォルトで使用する。

$ rbenv global 2.1.2

Rubyのバージョンを確認する。

$ rbenv versions

system
* 2.1.2 (set by /home/vagrant/.rbenv/version)
$ ruby -v
ruby 2.1.2p95 (2014-05-08 revision 45877) [x86_64-linux]


Rubyのバージョンを変えてみる


rbenv global

過去のバージョンのRubyを利用する場合、対象のRubyをインストールして、

$ rbenv install 2.0.0-p481

切り替える。

$ rbenv global 2.0.0-p481

$ rbenv versions
system
* 2.0.0-p481 (set by /home/vagrant/.rbenv/version)
2.1.2
$ ruby -v
ruby 2.0.0p481 (2014-05-08 revision 45883) [x86_64-linux]


rbenv local

プロジェクトごとにRubyのバージョンを変える場合、プロジェクトのディレクトリに移動し、

$ mkdir sugoiproject

$ cd sugoiproject

Rubyをインストールして、切り替える。

$ rbenv install 1.9.3-p547

$ rbenv local 1.9.3-p547
$ rbenv versions
system
* 1.9.3-p547 (set by /home/vagrant/sugoiproject/.ruby-version)
2.0.0-p481
2.1.2
$ ruby -v
ruby 1.9.3p547 (2014-05-14 revision 45962) [x86_64-linux]


rbenv rehash

gemなどでライブラリをインストール後にパスを通すために必要。

$ rbenv rehash


環境変数

環境変数からバージョンを指定することもできる。

バージョンを設定する。

$ export RBENV_VERSION=2.1.2

バージョンを確認する。

$ env | grep RBENV_VERSION

RBENV_VERSION=2.1.2

バージョンを削除する。

$ unset RBENV_VERSION


参考リンク