Help us understand the problem. What is going on with this article?

jupyter notebookでcsvファイルを読み込む方法

More than 1 year has passed since last update.

jupyternotebookでcsvファイルの取り込みについてハマったので、備忘のためにメモします。

環境

2系3系:3系(Python 3.7)
OS:macOS10.14.1

web上のデータベースから取り込む時

import pandas as pd
# csvの読み取り
df= pd.read_csv('http://○○/○○/○○/sample_dataset.csv')
print(df)

の形で出せる。

ローカルのデータベースを取り込む時

 import pandas as pd
# csvの読み取り
df= pd.read_csv("○○/friday2.csv")
print(df)

注意点としては、jupyterからuploadでファイルを取り込むという点。

image.png

デスクトップに置いたファイルのパスを指定してもcsvを取り込むことはできないのでここで数時間ハマりました。

その他tipes

jupyterで今作ってるファイルのパス確認

上記ローカルのデータベースを取り込む際に、相対パスを書くためには自分のファイルがどこにあるかを知る必要がある。

それを調べるには

import os
os.getcwd()

でファイルのある場所が確認できる。

macでファイルパスを取得する方法

macでファイルパスを取得するときは、右クリック後にoptionを押すと”○○をコピー”から”○○のパス名をコピー”に変化するので、パス名をコピーするときはこの方法の方が楽。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした