Help us understand the problem. What is going on with this article?

TeamsのファイルをPower BIで表示しよう

Microsoft Teamsのチーム等にあるファイルをPower BIデスクトップで開く方法を記します。

~ 本投稿には続編があります。是非どうぞ。

全体像

概要を図示すると以下になります。
スライド1.JPG

参考

Docsでの同様の説明は以下になります。(@yugoes1021 教えていただきありがとうございます。)
Power BI Desktop で OneDrive for Business リンクを使用する - Power BI | Microsoft Docs

TeamsにあるExcelファイルのアクセス先(パス)を取得する

該当ファイルの・・・(アクションの表示)から開く>Excelで開く
image.png
画面はWEBブラウザ版のTeamsです。アプリでも同様。

Excelで[ファイル]>[情報]の上部からパスをクリップボードに保存する。
image.png
* Excelのバージョン等によって画面と多少メニューが異なる場合があります。

Power BI Desktopから接続

[ホーム]/[データを取得]/[Web]を選択します。
image.png

先程のクリップボードのパスを貼り付けて、URLの最後「?」以下のパラメータを削除して、OKを押します。
image.png

あとは通常の動作で、データが読み込まれます。
image.png

Teams上のExcelが更新された場合

Excelの内容が更新された場合の確認で、Teams上のExcelを更新しました。
image.png

Power BIの更新をすることでデータが更新されました!
image.png

(さらに)Power BI Serviceに発行した場合

検証用に簡単なVizを作ってから、Power BIサービスに発行し、その後Teamsでフィアルが更新された場合、Power BI Serviceでも更新されるか確認しました。
image.png

元データを1行追加して更新します。
image.png

Power BI Serviceのデータセットの更新をしてもうまく反映されません。
そこでデータセットの設定の[データソースの資格情報]がエラーになり、うまく接続できていないことがわかりました。Office365上の資格情報を利用するので、以下のように設定し、Office365の認証(サインイン)を行いました。
image.png

その後、データセットの更新、レポートの更新を行い、更新データを確認することができました。
image.png

終わりに

2020/2/29にオンライン開催されたPower BI 勉強会 @ 東京 #16 - connpassで、 @PowerBIxyz さん、 @yugoes1021 さんに教えていただきました。他にもTeams(実際のファイルはSharePoint Online)のファイルにPower BIからアクセスする方法はあるかと思いますが、このやり方が一番わかりやすいです。教えていただき誠にありがとうございます!

~ 本投稿には続編があります。是非どうぞ。

ishiayaya
可視化関連が好きです。
https://note.mu/ishiayaya
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした