Help us understand the problem. What is going on with this article?

IntelliJのフォントをツールウィンドウも含めて見えやすいサイズまで拡大してみた

なぜフォントを拡大したかったのか

最近すっかり視力が悪くなってしまって、目を凝らさないと十分に文字を認識することができず、またそのための疲労がとてつもないことになっていました。
そのためブラウザやエディタのサイズを拡大して疲労感を軽減したいと考えました。

IntteliJのフォント拡大について

IntelliJのフォント拡大機能は、IntelliJ内の表示項目別に別れており、それぞれの設定を変更しないと適切なサイズになりません。
エディタのフォント拡大それ以外の部分のフォント拡大があるようです。
IntelliJ フォント拡大などで検索すると、エディタのフォント拡大についてはヒットするのですが、これだけではそれ以外の部分の拡大はできません。
そのためこの両方について以下記載したいと思います。また言語設定はpleiadesにより日本語化されているものを使用します。

エディタのフォント拡大について

いくつか方法があるようです。

1.一時的に拡大したい場合
 こちらは現在開いているタブを拡大したい場合に使用できる機能です。
 タブを変更すると変更したサイズは元に戻ります。
 ユースケースとしては一時的に他人にコードを見せたい場合などでしょうか。

  • 環境設定→エディター→一般→コマンド+マウス・ホイールでフォントサイズ(ズーム)を変更するにチェックを入れる。
  • ⌘ ⇧ Aコマンドを押してフォント・サイズを拡大を入力する。 https://pleiades.io/help/rider/Zooming_in_the_Editor.html

2.恒久的に拡大したい場合
 こちらはエディタ部分について恒久的に拡大します。
 私はこちらの設定を変更しました。

それ以外の部分のフォント拡大について

  • 環境設定→外観振る舞い→外観→カスタムフォントサイズの使用→サイズ

 これでツールウィンドウやターミナルのフォントサイズを併せて拡大できます。
https://pleiades.io/help/idea/settings-appearance.html

おまけ

 詳しく調べていないのですが、プレゼンテーションモードというものを使用するとフォントサイズが24まで拡大されるようです。(デフォルト設定)
LT等にご登壇される方が一時的に拡大するなどの用途で用いられそうですね。

  • 表示設定→プレゼンテーションモードにする

https://pleiades.io/help/idea/ide-viewing-modes.html#presentation

inobu
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした