Help us understand the problem. What is going on with this article?

別のAWSアカウントにDNS権限移譲を行う方法

More than 1 year has passed since last update.

概要

とあるアカウントのRoute53でドメインを設定し、サブドメインを別のAWSアカウントで管理したいシーンというのはよくあると思います。
例)Aアカウントは自社のアカウントで、Bアカウントは開発委託先に割り当てて、サブドメインはBアカウントで管理したい場合など

やりたいこと

  • Aアカウントでsample.comというドメインが管理されているとします。
  • Bアカウントでb-company.sample.com というサブドメインを管理したい。

事前

  • AアカウントのRoute53のHosted Zoneにsample.comというドメインが登録されていること

スクリーンショット 2017-03-08 22.22.26.png

手順

①Bアカウントにb-company.sample.comという名前でHosted Zoneを作成する
②Aアカウントに上記①で作ったb-company.sample.comのNSレコードを作成し、値にBアカウントのNSレコードの値を入れる。
これで、Bアカウント側でwww.b-company.sample.comなど***.b-company.sample.comのレコードを作成できる。

詳細

①Bアカウントにb-company.sample.comという名前でHosted Zoneを作成する

スクリーンショット 2017-03-08 22.28.39.png

②Aアカウントに上記①で作ったb-company.sample.comのNSレコードを作成し、値にBアカウントのNSレコードの値を入れる
スクリーンショット 2017-03-08 22.32.25.png

まとめ

意外と簡単にできるので、DNSの権限移譲を考えている方は試してみてください。

Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away