Help us understand the problem. What is going on with this article?

(スロット、セッション情報取得編)Lambdaで使える、Clova(CEK)のSDK作ってみた

More than 1 year has passed since last update.

はじめに

No, タイトル
1 (インストールから、ハンドラー作成編)Lambdaで使える、Clova(CEK)のSDK作ってみた
2 (Clovaに喋らすメソッド編)Lambdaで使える、Clova(CEK)のSDK作ってみた
3<<今ここ (スロット、セッション情報取得編)Lambdaで使える、Clova(CEK)のSDK作ってみた

前回は、Clovaに喋らすテキストの定義方法を説明しました。
今回はスロットとセッション情報の取得を実践してみたいと思います。

スロットの取得

Fruitという名前のスロットがあったときの取得方法は以下になります。

var value = handlerInput.requestEnvelope.request.intent.slots.Fruit.value;

または、以下でも取得できます。

var slots = handlerInput.requestEnvelope.getSlot();
var value = slots.Fruit;

セッション情報(sessionAttributes)

そもそもsessionAttributesとは

1回のスキル起動中に保存しておきたい値を置いておくオブジェクトです。
これだと想像が難しいので例で説明します。

例えば、カフェでコーヒーを頼むスキルがあったとします。
以下のような会話が想定されます。

ユーザー: 「Clova, カフェスキルを起動して」

Clova: 「いらっしゃいませ。頼みたいメニューをおっしゃてください。」

ユーザー: 「コーヒー」 << ここでコーヒーを発言している

Clova: 「コーヒーですね。何杯頼みますか?」

ユーザー: 「2杯」 << ここではコーヒーを言っていないのでスロットとして取得できない。

Clova: 「コーヒーを2杯ですね。ただいまお持ちいたしますので少々お待ちください。」

ここで、この会話の中に、もしsessionAttributesが存在しなかったら成り立たない部分があります。
それは、「コーヒーを2杯ですね。」の部分です。
なぜ成り立たないかというと、「2杯」の部分はスロットで取得できますが「コーヒー」の部分はスロットで取得できません。
ユーザーの2回目の発話の「コーヒー」sessionAttributeコーヒーという値を保存します。
これにより、3回目以降の会話でもコーヒーを頼もうとしていることを取得できるのです。

取得

以下でsessionAttributesのオブジェクトを取得することができます。

var attributes = handlerInput.sessionAttributeManager.getSessionAttributes();
console.log(attributes);
// 例
// {
//   key: "value"
// }

保存

CEK側にsessionAttributesを返したい場合は以下になります。

var attributes = {
  key: "value"
}
handlerInput.sessionAttributeManager.setSessionAttributes(attributes);
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした