Qiita Teams that are logged in
You are not logged in to any team

Log in to Qiita Team
Community
OrganizationAdvent CalendarQiitadon (β)
Service
Qiita JobsQiita ZineQiita Blog
Help us understand the problem. What is going on with this article?

(Clovaに喋らすメソッド編)Lambdaで使える、Clova(CEK)のSDK作ってみた

More than 1 year has passed since last update.

はじめに

No, タイトル
1 (インストールから、ハンドラー作成編)Lambdaで使える、Clova(CEK)のSDK作ってみた
2<<今ここ (Clovaに喋らすメソッド編)Lambdaで使える、Clova(CEK)のSDK作ってみた
3 (スロット、セッション情報取得編)Lambdaで使える、Clova(CEK)のSDK作ってみた

前回は、ハンドラの登録実践しました。
canHandle内でリクエストを判断して、handlerでCEKに返す処理を実行しました。
今回はそのhandler内でClovaに喋らす内容を定義する方法を紹介します。

LaunchRequestHandler

今回は前回紹介したSampleIntentHandlerにて説明をします。

index.js
const SampleIntentHandler = {
  canHandle: function(handlerInput){
    return handlerInput.requestEnvelope.request.type === "IntentRequest"
      && handlerInput.requestEnvelope.request.intent.name === "SampleIntent";
    // return handlerInput.requestEnvelope.isMatch('sampleIntent');
  },
  handle: function(handlerInput){
    var msg = "";
    return handlerInput.responseBuilder.speak(msg).reprompt(msg).getResponse();
  }
}

前回、canHandlehandlerについての説明はしたので省きます。
このSampleIntentHandlerが実行された場合、Clovaは以下のように喋りユーザーに再度応答を求めます、(つまりスキルを終了しません)

SampleIntentが呼ばれた時に返します。

また、ユーザーがしばらく応答をしなかった時再度Clovaが喋る内容が以下になります。

ユーザーがしばらく応答をしなかった時に再度Clovaが喋ります。

speak(msg)

Clovaが喋るテキストを引数に与えます。
上記ですと、msg変数に値します。
後述するrepromptがない場合、Clovaは発話した後にスキルを終了します。

reprompt(msg)

このメソッドを使用した場合、Clovaは発話した後にユーザーの応答を求めます。
つまり、スキルを終了しません。
また、この引数に指定したテキストはユーザーが数秒間応答がなかった時に再度Clovaが喋る内容になります。

audioPlay(url)

speakメソッドでは、引数にテキストを指定しましたが、このメソッドでは流したい音声のURLを指定します。

const URL = "https://audio.....";
return handlerInput.responseBuilder.audioPlay(URL);

audioPlayReprompt(url)

repromptメソッドでは、引数にテキストを指定しましたが、このメソッドでは流したい音声のURLを指定します。

const URL = "https://audio.....";
return handlerInput.responseBuilder.audioPlay(URL).audioPlayReprompt(URL);

合わせて利用する

このspeak,reprompt,audioPlay,audioPlayRepromptはそれぞれ繋げて利用することが可能です。

const audioStart = "オーディオを流します。";
const audioStop = "オーディオを止めます。";
const URL = "https://audio.....";
return handlerInput.responseBuilder
  .speak(audioStart)
  .audioPlay(URL)
  .speak(audioStop)

この例ですと、Clovaは以下のように喋ります。

オーディオを流します。
(オーディオ再生)
オーディオを止めます。
imajoriri
スマートスピーカーが好きすぎてエンジニアになりました。初心者です。主にCEKについて書きます。
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away