Help us understand the problem. What is going on with this article?

AWS 認定 Alexaスキルビルダーの日本語版が公開されたのでスキルビルダーになった話

More than 1 year has passed since last update.

AWS 認定 Alexaスキルビルダーになろう

というわけで、これまで英語でしか受けられなかったAlexaの認定が日本語でも受けられるようになりました。
以前、英語版のままの模試を受けた結果、本試験については諦めていたのですが、いよいよという事で早速受けて参りました。
まだ結果の詳細は出ておりませんが、受けたてホヤホヤのHotなうちに

スペック

  • 普通のWEBエンジニアでVUI系は業務ではノータッチ
  • プライベートでちょくちょくスキル作ってる
  • aws認定は7つめ

AWS 認定 Alexaスキルビルダー 模試

まずは対策と現状認識のため、日本語版での模試を受けておきます。
プラクティスのタダ券があったのでそれを使いつつ。
考えこむような問題は少なく、20分もかからずに終える事ができました。
なお、模試で選んだ業者はピアソンVUE。試験して10分後ぐらいにレポート届いてました。
ちなみにAudioPlayerとかVideo再生のあたりがあまりよくわかってない。APLではそういう事やったりするんだけど、AudioPlayerとかVideoAppとかとちょっと違って混乱する。

結果:

AWS Certified Alexa Skill Builder - Specialty Practice を受験いただき誠にありがとうございました。本試験受験前の準備対策のご参考まで、以下の情報をご確認ください。

総合スコア: 65%

トピックレベルスコア:
1.0  Voice-First Design Practices and Capabilities: 100%
2.0  Skill Design: 40%
3.0  Skill Architecture: 66%
4.0  Skill Development: 40%
5.0  Test, Validate, and Troubleshoot: 100%
6.0  Publishing, Operations, and Lifecycle Management: 100%

ちょい微妙っすね。。Skill Design, Skill Architecture, Skill Developmentが落第点。基礎が少し足りないのかな。少し準備はしといた方が良さそうだ。

試験会場などについて

これまでは秋葉原の歌舞伎町のセンター(PSI)で試験を受ける事が多かったのですが、ピアソンVUEでのテストを受けて見たかったので武蔵小杉のテストセンターにしてみました。
PSIでもセンターによってはカメラ監視があったりなかったりとけっこう違うのですが、ピアソンVUEはまたけっこう違いますね

  • 受付で写真撮られた
  • 身分証明書はPSIと同じ(免許証とクレカ)
  • 免許証は自席に持ち込む必要がない
  • UIはシンプルで装飾とかないけどまあまあ使いやすい
  • ログインしてから1分くらい(?)次の画面が表示されなくてちょっと焦った
  • 耳栓があった
  • システムへのログインは共通アカウントっぽくてログイン後に自分の名前を選ぶ。(個人情報的な許諾って最初にあったんかな?)
  • 早めに受けるのは自由
  • パーティションが低くて他の人が移動してるのが見える。

印象としては悪くないです。リラックスもしやすい。

本試験

まず結果からいうと無事合格はできました!
ただ、そんなに余裕はなかったですね。
ぜんぜんわからない(というか知らない)のもいくつか。

これから受けようと思ってる方へのポイントをいくつか。

  • なんでもいいのでカスタムスキルを作成し、公開申請してみましょう(そしてできれば審査を一度蹴られましょう。蹴られた理由が重要です)
  • 公開後のアップデートもやりましょう
  • AudioPlayerのスキルを公開しない前提でもいいので一つ作ってみると良さそうです
  • aws的なとこではLambda、S3、DynamoDbのあたりを触っておきましょう
  • AMAZONの標準ビルトインインテントについてを理解しておきましょう
  • カスタムスキル以外もさらっと把握しておきましょう
  • 模試受けておく
  • サンプル問題も解いておく
  • このあたりに目を通しておきましょう

だいたいこんなところかなぁ。
日頃、アレクサスキルを作っている方であれば、おおよそはなんとなく解けるかと思います。
個人的にはこれまで受けたaws認定の中では一番楽ちんだった。試験も60分くらいで終えて、のんびり見直してみても90分かからなかった。
ポイントとしては幅広いタイプのスキルの作り方を知っておく事かなと。

なお、試験を終えたのが16:30前で、今現在は18:40。さすがにまだ結果レポートは届きません。
結果が届き次第、この記事は更新されます。

最後に。

さて。
この認定、何に役立つのやら。
業務でalexaスキル作る日がくるといいなー。なんかガチなやつ。

結果を追記

結果、いただきました!
8/14の日本時間4:17に受信。試験からおおよそ36時間ですね。
スコア的にはぼちぼち余裕あり。安全圏内でした。AudioPlayerスキルがわかってればもうちょいいけたなー。

受験者スコア: 838
結果: 合格

The AWS Certified Alexa Skill Builder - Specialty (AXS-C01) の試験結果は、100 から 1000 の
間の値で示されます。合格に必要な最低スコアは 750 です。
おめでとうございます。AWS Certified Alexa Skill Builder - Specialty に合格し、AWS 認定資格
を取得されました。

スクリーンショット 2019-08-14 7.37.10.png

ikegam1
けっこう雑多な感じのエンジニアです。 最近はスマートスピーカーだとかBOT作りに禿げんでいます。 なんかアプトプットを残しておきたいお年頃です。おっさんです。aws認定は12冠。 5つのストレングス:戦略性、着想、活発性、最上志向、内省
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした