yumのレポジトリが httpsかつ証明書が不正な場合の無理やり許可する。

More than 5 years have passed since last update.

レアケースですが。。

sslverify=0 をつけることで、証明書のチェックをスキップする。

#cat example.repo

[exampl]
name=CentOS-$releasever - additional
baseurl=https://yumrepo.example.com/centos/6/$basearch/
enabled=1
gpgcheck=0
sslverify=0