Help us understand the problem. What is going on with this article?

cakephp3 debug_kitが表示されない

More than 1 year has passed since last update.

cakephp2系の時はpluginフォルダに入れるだけだったんだけど、
cakephp3系では元から入ってるけど表示されなくて
苦労したんでメモ代わりに書いておく。

前提条件

公式サイト通りにComposerでインストールしていることが前提。

下記の内容がtrueになっているか確認。

./config/bootstrap.php
if (Configure::read('debug')) {
    Plugin::load('DebugKit', ['bootstrap' => true]);
}

結論

./vendor/cakephp/debug_kit/config/bootstrap.php
if (!$service->isEnabled() || php_sapi_name() === 'cli' || php_sapi_name() === 'phpdbg') {
    return;
}

この行を下記のように変更する。

./vendor/cakephp/debug_kit/config/bootstrap.php
if ( php_sapi_name() === 'cli' || php_sapi_name() === 'phpdbg') {
    return;
}

理由

開発サーバーか本番サーバーどうかをcake側が勝手に判断してデバックキットを表示しないようにしていた為。
今回やったのはどの環境でもdebug_kitを出すようにしていつも通り「bootstrap.php」で表示するか判断できるようにした。

参考サイト

追記(2018年6月19日)

debug_kitのプラグイン内部のコードを書き換えなくてもできますよとコメントで頂いたので修正。

インストール直後は./config/bootstrap.phpの一番下に書いてあることが多い。
if (Configure::read('debug')) {}の場所でdebug_kitのプラグインを読み込む
ここを改修する。

./config/bootstrap.php
if (Configure::read('debug')) {
    Configure::write('DebugKit.forceEnable', true);
    Plugin::load('DebugKit', ['bootstrap' => true, 'routes' => true]);
}

Configure::write('DebugKit.forceEnable', true);

これをtrueにすることで開発サーバーか本番サーバーにかかわらずに
必ずdebug_kitを表示させるようになる。
この書き方の順番だとdebug_kitを読み込んだ後に上書きする形で読み込むので必ず表示するようになる。

iika0220
インフラはクラウド関連を少し、フロントやサーバーを関係をがっつりやってます。
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした