Help us understand the problem. What is going on with this article?

macOSに Laravel 5.6 をインストールする手順をまとめてみる

はじめに

最近盛り上がっていると噂のWebフレームワーク、LaravelをMacのローカル環境で動かすまでの手順です。

ネット記事を参考にしながらインストールを進めたのですが、
細かなコマンドの違いなどで結構手こずってしまったので作業メモにしました。

この記事でインストールするもの

  • Laravel 5.6.33
    今回導入するフレームワーク

  • PHP 7.2.9
    Laravelを動かすのに必要な言語環境

  • Composer 1.7.2
    Laravelをインストールする際に用いるパッケージ管理システム

今回の環境

  • macOS High Sierra 10.13

  • Homebrew 1.7.1
    • 今やHomebrewはMacでスタンダードなパッケージ管理システムなので、インストールしていない人は下記コマンドでサクッとインストールしちゃいましょう。
bash
$ /usr/bin/ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install)"

Homebrewについて参考

手順

Macには標準でPHPがインストールされていますが、
バージョンが古いことが多いため、Homebrewで最新のPHPをインストールします。
(今回はPHP 7.2をインストールすることを前提にしていますが、適宜新しいものに読み替えてください)

1. PHPのインストール

HomebrewでPHPをインストール

  • 下記のコマンドを実行して、PHPをインストールします。
bash
$ brew install php@7.2

PHPのパスを通す

  • インストールが終わったら、~/.bash_profileを編集して、下記の行を追記してください。
~/.bash_profile
export PATH="$(brew --prefix php@7.2)/bin:$PATH"

Pathを通すことにについて参考

編集を保存したら、下記コマンドを実行して最新の設定を反映させましょう。

bash
$ source ~/.bash_profile

PHPのインストール確認

php -vコマンドを実行してください。
導入したPHPのバージョン(今回は7.2)が表示されていれば、PHPのインストールは成功です。

bash
$ php -v
PHP 7.2.9 (cli) (built: Aug 16 2018 21:40:59) ( NTS )
Copyright (c) 1997-2018 The PHP Group
Zend Engine v3.2.0, Copyright (c) 1998-2018 Zend Technologies
    with Zend OPcache v7.2.9, Copyright (c) 1999-2018, by Zend Technologies

2. Composerのインストール

HomebrewでComposerのインストール

bash
$ brew install composer

Composerのインストール確認

下記コマンドでバージョン情報が表示されれば、Composerのインストールは完了です。

bash
$ composer -V
Composer version 1.7.2 2018-08-16 16:57:12

3. Laravelのインストール

インストール

インストールしたComposerでlaravelをインストールします。

bash
$ composer global require "laravel/installer"

Laravelのパスを通す

  • 下記の行を~/.bash_profileに追記してください。
~/.bash_profile
export PATH="$PATH:$HOME/.composer/vendor/bin"
  • 下記コマンドで変更を反映します。
bash
$ source ~/.bash_profile

4. Laravelで新規のアプリを作ってみる

新規プロジェクトの作成

laravel new (任意のアプリケーション名)コマンドで、新しいプロジェクトを作成してみます。
初回は読み込みに時間がかかるので、のんびり待ちましょう。

bash
$ laravel new test_app
Crafting application...
Loading composer repositories with package information
Installing dependencies (including require-dev) from lock file
Package operations: 70 installs, 0 updates, 0 removals
  - Installing doctrine/inflector (v1.3.0): Loading from cache
  - Installing doctrine/lexer (v1.0.1): Loading from cache
  - Installing dragonmantank/cron-expression (v2.2.0): Loading from cache
  - Installing erusev/parsedown (1.7.1): Loading from cache
  - Installing vlucas/phpdotenv (v2.5.1): Loading from cache
  - Installing symfony/css-selector (v4.1.3): Loading from cache
  - Installing tijsverkoyen/css-to-inline-styles (2.2.1): Loading from cache
  - Installing symfony/polyfill-php72 (v1.9.0): Loading from cache
  - 
  〜〜〜後略〜〜〜

※ laravelコマンドでエラーが出る場合の対処方法

laravel newコマンドでエラーがでるようなら、
下記のようにcomposerコマンド経由でプロジェクトを作成してください。

bash
$ composer create-project --prefer-dist laravel/laravel test_app

5. Laravelの動作確認

アプリケーションサーバーの起動

作成したアプリケーションのディレクトリーに移動して、
php artisan serveコマンドを実行すれば、Webサーバーが起動します。

bash
$ cd test_app
$ php artisan serve
Laravel development server started: <http://127.0.0.1:8000>

インストール確認

ブラウザーでhttp://127.0.0.1:8000にアクセスし、
以下のようなトップページが表示されれば、Laravelのインストールは成功です!

スクリーンショット 2018-08-19 14.20.13.png

参考サイト

以下のサイトを参考にさせて頂きました。

igz0
無気力系ITエンジニア。20代の神奈川県民。Laravelを学習中。Python / Node.jsが得意。音楽とSF映画が好き。投稿はあくまで個人の意見であり、地球を代表する。
https://twitter.com/igz0
admin-guild
「Webサービスの運営に必要なあらゆる知見」を共有できる場として作られた、運営者のためのコミュニティです。
https://admin-guild.slack.com
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした