Help us understand the problem. What is going on with this article?

Mac OSにLaravelローカル開発環境構築

More than 1 year has passed since last update.

概要

Macのローカル環境でLaravelの開発環境を構築する際に、詰まったのでメモを残しておく

環境

名前 バージョン
php 7.1.0
Laravel 5.5

手順

※phpのinstallはphpbrewでphpをインストールするときに詰まったことを参考にして下さい。

composerインストール

$ brew install homebrew/php/composer

:new:2018/7/20更新

Error: homebrew/php was deprecated. This tap is now empty as all its formulae were migrated.

上記のようなエラーが出る人は下記コマンドを実行してみてください。

$ brew install homebrew/core/composer
補足

homebrew/php => homebrew/coreに移行されたみたいです。

$ brew search composer
==> Formulae
composer ✔

==> Casks
composercat

If you meant "composer" specifically:
It was migrated from homebrew/php to homebrew/core.

Laravelのinstall

Composerを使用して、Laravelのインストーラーをダウンロード

$ composer global require "laravel/installer"

パスを通す

下記設定を~/.bashrcにコピペする。

export PATH="$PATH:$HOME/.composer/vendor/bin"

一度読み込む

$ source ~/.bashrc

プロジェクト作成

laravel newコマンドで、プロジェクトを作成する。

$ laravel new {プロジェクト名}

ローカル開発サーバ起動

$ php artisan serve

エラー発生!!

上記手順で進めて行くと下記のようなエラーが出ていた。

PHP Warning:  require({project_name}/vendor/autoload.php): failed to open stream: No such file or directory in {project_name}/artisan on line 18

内容を見るとプロジェクト内にvendor/というディレクトリが作成されていないってことが問題みたい。

↓確かになにも出力されなかった。。。↓

$ ls | grep vendor

対策

laravelコマンドじゃなくてcomposerでプロジェクトを作成する

Laravelのartisanコマンドまとめを見るとlaravelコマンドがあまり良くないと記載されている....->理由は追えてません...orz

ということでcomposerコマンドでプロジェクトを作成する。

$ composer create-project --prefer-dist laravel/laravel {プロジェクト名}

vendor/が作成されて、ローカル開発サーバも無事起動できた🎉

vendor/確認
$ ls | grep vendor
vendor
ローカル開発サーバ起動
$ php artisan serve
Laravel development server started: <http://127.0.0.1:8000>

http://127.0.0.1:8000にアクセスしてLaravelページが表示された

スクリーンショット 2018-03-31 2.14.51.png

おわり

da-sugi
1年目はRuby on Railsでのフロントエンド開発、2年目は主にインフラ・DWH周りの開発 3年目Webエンジニアを極め始めAWSとかGTMとかGAとかもちょこちょこ触ってました 4年目ScalaとVue.js始めました 5年目引き続きScalaとVue.jsを続けて, AWSのデベロッパーアソシエイト資格取ろうとしてます 細かいことも残していくスタイル
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした