laravel5.5

Mac OSにLaravelローカル開発環境構築

概要

Macのローカル環境でLaravelの開発環境を構築する際に、詰まったのでメモを残しておく

環境

名前 バージョン
php 7.1.0
Laravel 5.5

手順

※phpのinstallはphpbrewでphpをインストールするときに詰まったことを参考にして下さい。

composerインストール

$ brew install homebrew/php/composer

:new:2018/7/20更新

Error: homebrew/php was deprecated. This tap is now empty as all its formulae were migrated.

上記のようなエラーが出る人は下記コマンドを実行してみてください。

$ brew install homebrew/php/composer
補足

homebrew/php => homebrew/coreに移行されたみたいです。

$ brew search composer
==> Formulae
composer ✔

==> Casks
composercat

If you meant "composer" specifically:
It was migrated from homebrew/php to homebrew/core.

Laravelのinstall

Composerを使用して、Laravelのインストーラーをダウンロード

$ composer global require "laravel/installer"

パスを通す

下記設定を~/.bashrcにコピペする。

export PATH="$PATH:$HOME/.composer/vendor/bin"

一度読み込む

$ source ~/.bashrc

プロジェクト作成

laravel newコマンドで、プロジェクトを作成する。

$ laravel new {プロジェクト名}

ローカル開発サーバ起動

$ php artisan serve

エラー発生!!

上記手順で進めて行くと下記のようなエラーが出ていた。

PHP Warning:  require({project_name}/vendor/autoload.php): failed to open stream: No such file or directory in {project_name}/artisan on line 18

内容を見るとプロジェクト内にvendor/というディレクトリが作成されていないってことが問題みたい。

↓確かになにも出力されなかった。。。↓

$ ls | grep vendor

対策

laravelコマンドじゃなくてcomposerでプロジェクトを作成する

Laravelのartisanコマンドまとめを見るとlaravelコマンドがあまり良くないと記載されている....->理由は追えてません...orz

ということでcomposerコマンドでプロジェクトを作成する。

$ composer create-project --prefer-dist laravel/laravel {プロジェクト名}

vendor/が作成されて、ローカル開発サーバも無事起動できた🎉

vendor/確認
$ ls | grep vendor
vendor
ローカル開発サーバ起動
$ php artisan serve
Laravel development server started: <http://127.0.0.1:8000>

http://127.0.0.1:8000にアクセスしてLaravelページが表示された

スクリーンショット 2018-03-31 2.14.51.png

おわり