Help us understand the problem. What is going on with this article?

Macでrsyncでバックアップで日本語で

More than 3 years have passed since last update.

Macでrsyncを使ってバックアップを行うと日本語ファイル名が正しく表示されなかったりします。実害としては表示が冗長になり見づらくなるのと、ログ関係でしょうか。

目的

Macにてrsync時に日本語ファイル名を正しく表示させる。

環境と解決方法

Mac OS X - El Capitan
Homebrew

rsyncにiconvオプションで文字エンコードを教えてあげれば解決します。
ただ、標準のrsyncだとiconvに対応していないようなので更新します。

記事投稿時だとrsyncのバージョンが3.1.2を使用できるようになります。
元が2.6.9で rsync --help してもiconvの記述が見当たりませんでした、OS X標準のrsyncのバージョンによっては初めから対応している可能性があるのでチェックしてみましょう。

Homebrewをインストールする

導入済みならスキップで、ない場合は 公式 からコマンドをもらってきてターミナルでインストールすればOKです。
2016/02現在のコマンドは

/usr/bin/ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install)"

dupesのリポジトリを登録する

個人的にはいろんなリポジトリを登録すると煩雑になるので嫌なのですが、有名ドコロですし公式だけでは達成不可能なのでいれますー。

brew tap homebrew/dupes

ちなみに登録されているリポジトリ一覧は brew tap で確認できますので brew untap ~ で登録解除も可能です。

rsyncを更新してiconvのlibも導入

homebrew/dupes/rsync がiconvに対応しているようなので、これを導入し、iconvのlibもシステムへ入れます。

brew install homebrew/dupes/rsync homebrew/dupes/libiconv

使ってみる

と言ってもインストールしてすぐには使えません、コンソールを再起動(新しくコンソール開けばおk)してください。

rsync --iconv=UTF-8-MAC,UTF-8 <SOURCE> <DEST>

これで日本語表示できるようになりました。

あとがき

やっと古いデータの長時間バックアップで進捗が分かるようになるー!
ちなみにバックアップは簡単に

rsync --iconv=UTF-8-MAC,UTF-8 -auv <SOURCE> <DEST>

としています。

ichi0g0y
色んな事を中途半端に学んでエヴァンジェリストになんてなれないおっさんプログラマー
https://ogonigo.com/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした