Help us understand the problem. What is going on with this article?

Blenderでテンキーが必須といわれていた所以のビューショートカットについてまとめてみた

Blenderにはテンキーが必須と言われていました(自分の中では過去形)。
なぜなら、それがなければ快適なビューカメラ操作が難しかったからです。
現在は3Dビュー上のギズモや設定のテンキーを模倣(入力ー>キーボード)等の代替手段ができたため、テンキーがなくとも耐えられるようになりました。カレンダー7日目の記事が参考になります(https://qiita.com/kiro/items/266f4ac191aaaa033a30)
しかしあえて、3Dビューのテンキー操作をまとめます。(だいたい2D(UVや画像エディタ、ノードエディタ)にも同じ操作が出来ます。)
なぜでしょうか?カレンダー10日目が空いていたからです。

空欄はビュー操作に関して割当なしということです
テンプレ

キー
7: 8: 9:
4: 5: 6:
1: 2: 3:
0: .: Enter

修飾キー(ctrl,alt,shift)なし

キー
7:上から見る 8:上側に回り込む 9:逆側に回り込む -:引き
4:左に回り込む 5:パース切り替え 6:右側に回り込む +:拡大
1:正面から見る 2:下側に回り込む 3:右から見る
0:シーンのカメラにあわせる .:選択物にあわせる Enter

with ctrl: 基本的に軸方向の反転と、回り込みが軸方向移動に変化します。(ctrlが付くものの多くは操作の反転です。(e.g:法線の再計算))

キー
7:下から見る 8:ビュー上側に移動 9
4:ビュー左側に移動 5: 6:ビュー右側に移動
1:背後から見る 2:ビュー下側に移動 3:左から見る
0:押すとダメな奴 .:0選択物にあわせる Enter

with shift: アクティブなものの軸を基準にビューを動かします。

単一面を選択してshift+NUM_7を使ってみるのが一番分かりやすく、有用でしょう。

キー
7:(アクティブなものの軸の)上から見る 8: 9:
4: 5: 6:
1:(アクティブなものの軸の)前から見る 2: 3:(アクティブなものの軸の)右から見る
0: .: Enter

with shift ctrl: アクティブなものの軸を基準にビューを動かします。

キー
7:(アクティブなものの軸の)下から見る 8: 9:
4: 5: 6:
1:(アクティブなものの軸の)後ろから見る 2: 3:(アクティブなものの軸の)左から見る
0: .: Enter

with alt: 割当てはありません、大きく空いているショートカット空間とも言えます。

以上です。

ありがとうございました。

iCyP
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away