Help us understand the problem. What is going on with this article?

AWS概要 ネットワーキングについて

概要

もはや何番煎じているか分かりません。
1月から個人的に始めている未経験AWSチャレンジの一環として、CP試験に向けての個人的なメモとして記述します。

※は書き方を模索中ですが、問題を通して思った感想になります

ネットワーキング

Amazon CloudFront(CDN=コンテンツ・デリバリー・ネットワーク)

CDN=サーバーの代わりに表示やら・負担分散してくれるサーバーたち
・ディストリビューションという単位で管理される
・オリジンサーバー =オリジナルコンテンツサーバー
・エッジサーバー  =コンテンツをキャッシュして、ユーザーへ直接配信サーバー
※ディストリビューションには独自のドメインを設定できる

AmazonRoute53

DNS(Domain Name System)=ドメインの取得ができる
Route53にもヘルスチェック機能があり、EC2に不可が検知されるとS3のソーリページに
ルーティングさせるなどの、名称通りのRouteの設定も出来ます。

※SSL証明書「https://」のユーザーとWebアプリ間の暗号化
1 AWS Certificate Manager(ACM)で証明書の作成
2 ELB(ロードバランサー:インターネットGWからアクセスを割り振る仕組み)に証明書を設定
3 Route53でDNSして、晴れて自分のWebアプリ感が出てくる

※AWSでサービスを作る場合は、公式にDNSはRoute53を使用する事とあるので、
お仕事などでAWSに触れるならば、必ず出てくるであろう仕組みですね

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away