Help us understand the problem. What is going on with this article?

PointCloudLibraryをインストールしてからとりあえずOBJファイルを描画してみるまで

More than 3 years have passed since last update.

PointCloudLibrary1.7.2をインストールして、
とりあえずVisualStudio2013でOBJファイルから点群を描画するまでをまとめます。

PCL1.7.2のダウンロードとインストール

  1. こちらから"PCL-1.7.2-AllOne-msvc2013-win64(/win32).exe"と"PCL.props"をダウンロード
  2. exeファイルを起動してPCLをインストール(特に設定する項目はありません)

これで通常ならCドライブに"PCL1.7.2"が追加されたはずです。

プロジェクトの設定

  1. Visual C++/Win32 コンソールアプリケーションで新しいプロジェクトを作成(「空のプロジェクト」にチェック)
  2. プロパティマネージャーから「既存のプロパティシートの追加」、PCL.propsを追加する
  3. プロパティマネージャーから現状の"構成"・"プラットフォーム"に対応するフォルダを選択し、その中にあるPCL.propsを右クリックし、プロパティを開く(構成はReleaseの方が速度が断然速い)
  4. 共通プロパティ/ユーザマクロから「マクロの追加」、名前を"PCL_ROOT"、値を"C:\Program Files\PCL 1.7.2"で設定

これであとはコードを書くだけです。

OBJファイルを入力として点群を描画する

今回記述したコードは以下の通り。
OBJファイルは適当に用意してください。

main.cpp
// Cのmin,maxマクロを無効にする
#define NOMINMAX
#define _CRT_SECURE_NO_WARNINGS
#include <iostream>
#include <Windows.h>
#include <pcl\visualization\cloud_viewer.h>
#include <pcl\io\vtk_lib_io.h>

// objデータを取得
const char filename[] = "bunny.obj";

void main()
{
    try{
        // objファイルを読み込む
        pcl::PolygonMesh::Ptr mesh( new pcl::PolygonMesh() );
        pcl::PointCloud<pcl::PointXYZ>::Ptr obj_pcd( new pcl::PointCloud<pcl::PointXYZ>() );
        if ( pcl::io::loadPolygonFileOBJ( filename, *mesh ) != -1 ){
            pcl::fromPCLPointCloud2( mesh->cloud, *obj_pcd );
        }

        // ウィンドウの作成
        pcl::visualization::PCLVisualizer viewer( "Point Cloud Viewer" );

        // PointCloudを追加
        viewer.addPointCloud( obj_pcd );

        // ウィンドウが閉じていない間続く
        while ( !viewer.wasStopped() ) {
            // スクリーンを更新
            viewer.spinOnce();

            // ESCAPEキーが押されたら終了
            if ( GetKeyState( VK_ESCAPE ) < 0 ){
                break;
            }
        }
    }
    catch ( std::exception& ex ){
        std::cout << ex.what() << std::endl;
    }
}

実行結果
2017-01-02.png

Github:https://github.com/leonarudo00/PCLsamples

参考

KINECT for Windows SDKプログラミングKinect for Windows v2センサー対応版
聞きかじりメモ

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away