BlueMix の 主要cfコマンド一覧

  • 2
    いいね
  • 2
    コメント

BlueMix の 主要cfコマンド一覧


2017/06 地域
地域 コンソールURL APIエンドポイント
シドニー https://console.au-syd.bluemix.net https://api.au-syd.bluemix.net
英国 https://console.eu-gb.bluemix.net https://api.eu-gb.bluemix.net
米国南部 ダラス https://console.ng.bluemix.net https://api.ng.bluemix.net
ドイツ フランクフルト https://console.eu-de.bluemix.net https://api.eu-de.bluemix.net

ログイン
$ cf login -a https://api.ng.bluemix.net -u (IBM ID) -p (パスワード)

ログイン(欧州リージョンの場合)
$ cf login -a https://api.eu-gb.bluemix.net -u (IBM ID) -p (パスワード)

ログアウト
$ cf logout

カレントディレクトリ以下 をアプリケーション APP1 にプッシュ
$ cf push APP1 ( -p ***.war )

アプリケーション APP1 のスケーリングを変更
$ cf scale APP1 (-i 2) (-m 1024M)*(インスタンス2個、メモリ1GBに)

デプロイ済みアプリケーションの一覧
$ cf apps

アプリケーション APP1 の状態を確認
$ cf app APP1

アプリケーション APP1 を削除
$ cf delete APP1

アプリケーション APP1APP2 にリネーム
$ cf rename APP1 APP2

アプリケーション APP1 を起動
$ cf start APP1

アプリケーション APP1 を停止
$ cf stop APP1

アプリケーション APP1 を再起動
$ cf restart APP1

アプリケーション APP1 の直近のイベントを表示
$ cf events APP1

アプリケーション APP1 の構成ファイル一覧を表示
$ cf files APP1

アプリケーション APP1 のログを表示
$ cf logs APP1

アプリケーション APP1 の環境変数を表示
$ cf env APP1

アプリケーション APP1 の環境変数を設定
$ cf set-env APP1 envname envvalue

アプリケーション APP1 の環境変数を初期化
$ cf unset-env APP1 envname

アプリケーション APP1 のスタックを表示
$ cf stack APP1

現在利用可能なサービス一覧の確認
$ cf marketplace

サービス作成
$ cf create-service (サービス種別名) (プラン名) (利用サービス名)

サービス SVC1 を削除
$ cf delete-service SVC1

サービス SVC1SVC2 にリネーム
$ cf rename-service SVC1 SVC2

生成済みサービス一覧
$ cf services

アプリケーション APP1 とサービス SVC1 をバインド(紐付け)
$ cf bind-service APP1 SVC1

アプリケーション APP1 とサービス SVC1 とのバインドを解消
$ cf unbind-service APP1 SVC1