Raspberry Piにディスプレイとマウスとキーボートを繋がずに自動でRaspbianをインストールする

  • 30
    Like
  • 1
    Comment

NOOBSインストーラを使う

NOOBSはRaspberry Piの公式サイトからダウンロードして解凍したものをSDカードフォーマッターでフォーマットしたmicroSDにコピーする

NOOBSインストールをsilentinstallにする

コピーしたmicroSDの直下にあるrecovery.cmdlineにsilentinstallオプションを追加する

recovery.cmdline
runinstaller quiet ramdisk_size=32768 root=/dev/ram0 init=/init vt.cur_default=1 elevator=deadline silentinstall

これでRaspberry PiにmicroSDと有線LAN、電源を挿すと勝手にインストールができる

Raspbianのsshサーバを自動起動設定でインストールをする

Raspbianは初期状態でsshサーバが起動しないので、NOOBSインストール中にsshサーバの自動起動設定を行う

コピーしたmicroSDのos\Raspbianにあるpartition_setup.shにsshサーバの自動起動設定を追記する
@mt08 さんから指摘を受けて修正)

partition_setup.sh(18行目)
#mt08:(↓一行追加) bootパーティションに ssh を作成
touch /tmp/1/ssh

if ! grep -q resize /proc/cmdline; then

あとはこのmicroSDカードをRaspberry Piにセットし電源を入れたらひたすらpingを打ってインストールが完了するのを待つだけ
(ルータ側でdhcpの固定配送を設定して置く)

cmd
ping -t 192.168.xxx.xxx

あとで無線LANの設定方法も書こう

(追記)

Raspbianの無線LANを自動起動でインストールをする

最後に無線LANも自動起動でインストールをすれば、Raspberry Piに電源を挿すだけで済む

partition_setup.sh(18行目に更に追記)
# 無線LANの起動設定
sed -ri '/^allow-hotplug wlan0$/i\auto wlan0' /tmp/2/etc/network/interfaces  
echo "network={" >> /tmp/2/etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.conf
echo "        ssid=\"your_ssid\"" >> /tmp/2/etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.conf
echo "        psk=\"your_password\"" >> /tmp/2/etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.conf
echo "}" >> /tmp/2/etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.conf

#mt08:(↓一行追加) bootパーティションに ssh を作成
touch /tmp/1/ssh

無線LANは一般的なWPA/WPA2のTKIP/AESモードが前提。またRaspberry Piは2.4Ghz帯(チャンネル1~13)にしか対応していないらしいので注意。

アクセスポイントがステルスモードの場合は更に1行追加する

partition_setup.sh(22行目に更に追記)
echo "        scan_ssid=1" >> /tmp/2/etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.conf

参考文献