openssl

VS2017でOpenSSL1.0.2m x64をビルドする

More than 1 year has passed since last update.

初投稿、お試しで簡単に記載

Active-PerlをDL/インストールする
(デフォルトのままインストールするだけ)

VS2017 CommunityをDL/インストールする
インストール時にC++によるデスクトップ開発を選択する(5GBのDLが開始されるので注意)

OpenSSL1.0.2mのソースコード(tar.gz)をダウンロードし、任意のフォルダ(今回はC:\tmp)に展開/解凍する

スタートメニューから以下を起動する
VS 2017 用 x86_x64 Cross Tools コマンド プロンプト

以下コマンドを実行する
c:> cd c:\tmp\openssl-1.0.2m
c:\tmp\openssl-1.0.2m> perl Configure VC-WIN64A --prefix=c:\tmp\openssl-1.0.2m\x64
c:\tmp\openssl-1.0.2m> ms\do_win64a
c:\tmp\openssl-1.0.2m> nmake -f ms\ntdll.mak
c:\tmp\openssl-1.0.2m> cd out32dll
c:\tmp\openssl-1.0.2m\out32dll> ..\ms\test
※passed all tests と出力されればOK
c:\tmp\openssl-1.0.2m\out32dll> cd ..
c:\tmp\openssl-1.0.2m> nmake -f ms\ntdll.mak install

C:\tmp\openssl-1.0.2m\x64\bin 配下に出力される以下を利用する
libeay32.dll
openssl.exe
ssleay32.dll