Help us understand the problem. What is going on with this article?

手軽にチームのSlackに参加してもらう方法

More than 3 years have passed since last update.

どうも「オープン川崎」の小俣(おとうさん)です。
この記事は、シビックテックをテーマにしたCivic Tech Advent Calendar 2015の2015/12/23の記事として投稿します。


はじめに

チームのCommunity Engagement ToolsとしてSlackを使っている方は多いと思いますが、チームのSlackにメンバーを招待する場合はどうしてますか?
Slackは人気のあるチャットツールなのですが、新しいメンバーに参加してもらうには管理者から招待メールを送る必要があるので、新しいメンバーにとっては敷居が高いということがあるのかもしれません。

そこでそれを解決する手段の1つとして、ML等と同じようにユーザ自身がSlackの招待メールを発行するツールがあるのでこれを紹介したいと思います。どれも基本的に無料で利用することが出来ます。

今回、紹介するツールはこの3つです

  1. Slackin
  2. slack-invite-automation
  3. SlacInvite.me

APIトークン

どのツールも、Slack APIのアクセストークンが必要ですので、利用する場合には https://api.slack.com/web のAuthenticationにアクセスして、管理しているSlackチームのAPIトークンを取得する必要があります。

APIトークンの取得は簡単で、SlackのAPIサイトにアクセスして対象チームの横の「Create Token」ボタンを押すだけです。

Slackin

最初は「Slackin」を紹介します。

オープン川崎のSlackinサイト
slackin.png

「Slackin」はGitHub上にMITライセンスで公開されているオープンソースです。
Heroku上であれば「Deploy to Heroku」ボタンをクリックするだけで簡単に立ち上げる事ができます。

構築手順は下記のサイトが参考になると思います。

参考
- SlackinでSlackに誰でも参加できるチームをつくる
- Slackinを使ってSlackのオンライン人数をウェブページ上に表示する
- slackinを Cloud Foundry で動かす

オープン川崎のSlackinサイト もあっという間にサイトが出来上がりました。カスタマイズも出来るので、いろいろイジってみるとよいかと思います。

Slack Invite Automation

次に「Slack Invite Automation」を紹介します。
日本語化したものはSlack Invite Automation(日本語化)」にあります

オープン川崎のSlack Invite Automationサイト
slack-automation.png

「Slack Invite Automation」は、このライセンスの元にGitHub上に公開されているオープンソースです。

こちらもHeroku上であれば「Deploy to Heroku」ボタンをクリックするだけで簡単に立ち上げる事ができます。

構築手順は下記のサイトが参考になると思います。

参考
- Slackをオープンコミュニティチャットにする

このツールは日本語化されたバージョンがあるので英語が苦手なメンバーをSlackに招待するときに利用すると良いかもしれません。

SlacInvite.me

最後に「SlacInvite.me」を紹介します。

オープン川崎のSlacInvite.meサイト

slackinvite.png

「SlacInvite.me」は、Daniel Climent (@4xposed)というドイツの方が、GitHub上でCode for the slackinvite.me projectとして公開しているオープンソースです。Code for PrincetonでもCode for Princeton SlacInvite.meとして利用しているようです。ライセンスは不明です

SlacInvite.meは、SlacInvite.meサービスとして既存のものがもあるので、ここにアカウント作成してコミュニテイーを登録すれば手軽にSlacInvite.meを利用することはできます。


最後に

皆様いかがでしたか? 何かの参考になればと思います。

Slackの他のCommunity Engagement Toolsとしてflowdockというチャットツールもあるようですので、別の機会に調査をしてみたいと思ってます

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした