Slack
Slackin
Flowdock
SlacInvite.me

手軽にチームのSlackに参加してもらう方法

More than 3 years have passed since last update.

どうも「オープン川崎」の小俣(おとうさん)です。

この記事は、シビックテックをテーマにしたCivic Tech Advent Calendar 2015の2015/12/23の記事として投稿します。



はじめに

チームのCommunity Engagement ToolsとしてSlackを使っている方は多いと思いますが、チームのSlackにメンバーを招待する場合はどうしてますか?

Slackは人気のあるチャットツールなのですが、新しいメンバーに参加してもらうには管理者から招待メールを送る必要があるので、新しいメンバーにとっては敷居が高いということがあるのかもしれません。

そこでそれを解決する手段の1つとして、ML等と同じようにユーザ自身がSlackの招待メールを発行するツールがあるのでこれを紹介したいと思います。どれも基本的に無料で利用することが出来ます。

今回、紹介するツールはこの3つです


  1. Slackin

  2. slack-invite-automation

  3. SlacInvite.me


APIトークン

どのツールも、Slack APIのアクセストークンが必要ですので、利用する場合には https://api.slack.com/web のAuthenticationにアクセスして、管理しているSlackチームのAPIトークンを取得する必要があります。

APIトークンの取得は簡単で、SlackのAPIサイトにアクセスして対象チームの横の「Create Token」ボタンを押すだけです。


Slackin

最初は「Slackin」を紹介します。

オープン川崎のSlackinサイト

slackin.png

「Slackin」はGitHub上にMITライセンスで公開されているオープンソースです。

Heroku上であれば「Deploy to Heroku」ボタンをクリックするだけで簡単に立ち上げる事ができます。

構築手順は下記のサイトが参考になると思います。

参考

- SlackinでSlackに誰でも参加できるチームをつくる

- Slackinを使ってSlackのオンライン人数をウェブページ上に表示する

- slackinを Cloud Foundry で動かす

オープン川崎のSlackinサイト もあっという間にサイトが出来上がりました。カスタマイズも出来るので、いろいろイジってみるとよいかと思います。


Slack Invite Automation

次に「Slack Invite Automation」を紹介します。

日本語化したものはSlack Invite Automation(日本語化)」にあります

オープン川崎のSlack Invite Automationサイト

slack-automation.png

「Slack Invite Automation」は、このライセンスの元にGitHub上に公開されているオープンソースです。

こちらもHeroku上であれば「Deploy to Heroku」ボタンをクリックするだけで簡単に立ち上げる事ができます。

構築手順は下記のサイトが参考になると思います。

参考

- Slackをオープンコミュニティチャットにする

このツールは日本語化されたバージョンがあるので英語が苦手なメンバーをSlackに招待するときに利用すると良いかもしれません。


SlacInvite.me

最後に「SlacInvite.me」を紹介します。

オープン川崎のSlacInvite.meサイト

slackinvite.png

「SlacInvite.me」は、Daniel Climent (@4xposed)というドイツの方が、GitHub上でCode for the slackinvite.me projectとして公開しているオープンソースです。Code for PrincetonでもCode for Princeton SlacInvite.meとして利用しているようです。ライセンスは不明です

SlacInvite.meは、SlacInvite.meサービスとして既存のものがもあるので、ここにアカウント作成してコミュニテイーを登録すれば手軽にSlacInvite.meを利用することはできます。



最後に

皆様いかがでしたか? 何かの参考になればと思います。

Slackの他のCommunity Engagement Toolsとしてflowdockというチャットツールもあるようですので、別の機会に調査をしてみたいと思ってます