Slackをオープンコミュニティチャットにする

  • 42
    いいね
  • 1
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

Slackは本来招待式のチャットサービスなんですが、招待部分を自動化することでオープンコミュニティチャットとして使うことができます。メールアドレスを用意してもらうのが若干面倒ですが、そこさえ超えてもらえばとてもかんたん!
Slack Invite Automationを申し訳程度に日本語化し、ちょっと機能を追加しましたのでそれを使ってください。

サンプル

私が作った雑談チャットへのリンクです。これと同じように作ります。ここに来てもらってもいいんですよ :blush:
http://zdn-invite.herokuapp.com/

作り方

  1. まずはじめに、自分が管理権限を持っているSlack TeamとHerokuアカウントを用意します。ここではSlack Teamがすでに作られているものとし、解説はいたしません。

  2. 以下のアドレスにアクセスし、自分のTeamのトークンをCreateボタンをクリックして作成し、メモしておきます。
    https://api.slack.com/web#auth

  3. 以下のアドレスにアクセスし、Deploy To Heroku アイコンをクリックします。
    https://github.com/samezi-but/slack-invite-automation

  4. Herokuに遷移すると思います。設定しなければいけない項目を以下に示します。

    • App Name (optional) :アドレスに組み込まれるので設定すべきです。
    • COMMUNITY_NAME:コミュニティの名称を設定します(日本語でOK)。
    • DESCRIPTION:コミュニティの解説を設定しましょう(日本語でOK)。
    • SLACK_URL:あなたのSlack teamのURLを設定します。
    • SLACK_TOKEN:先ほど取得したトークンを設定します。
  5. 一番下のDeploy To Freeボタンをクリックします。

  6. 完成!

さいごに

大事なことなので当コミュニティの招待URLをもう一度貼ります。あなたもぜひオープンコミュニティチャットを開設しましょう。
http://samezi-but.com/zdnj.html
(追記:ルール追加に伴いサイト構成を変えました)