ATOM

インストールされてるpackageをgitで管理したい

More than 3 years have passed since last update.

~/.atomをgitで管理してGitHubとかに置いといて、他の環境で使いたい場合にgitで持ってきてそのまま使えるようにしたい。

けど~/.atom/packagesにあるインストールされてるpackageはリポジトリに含めたくない。だけど、どのpackageがインストールされているかという情報は含めたいし、その情報からpackageを復元したい。

npmだとpackage.jsonのdependenciesに依存パッケージを書いて同じようなことをするけど、apmだとちょっと勝手が違うらしい。

packages fileというテキストファイルを用意して、--packages-fileオプションでそのテキストを指定する。

$ apm install --packages-file packages.txt

このpackages.txtは次のコマンドで出力できる。

$ apm list --installed --bare > packages.txt

なのでこのテキストファイルをリポジトリに含めて、復元すればよい。

ただ、今のところpackages.txtの生成は手動でやるしか解決方法が見つけられてなくて、本当はpackageをインストール/アンインストールするときに自動でこのファイルを変更したい。