Help us understand the problem. What is going on with this article?

Amazon AuroraでR4インスタンスを試してみる

More than 3 years have passed since last update.

つい最近、Amazon AuroraでR4インスタンスが使えるようになりました。

以前、R3インスタンスでデータ暗号化時のパフォーマンスを確認しましたが、同じ条件でmysqlslapを使い、R3インスタンスと性能比較してみます。

※上のほう(新たに加わった16xlargeとか)はさすがに試しません…クライアント側もそれ相応の性能が必要そうですし…。

1. ベンチマークテストの内容

以前と同じ、mysqlslapコマンドを使い、

  • 暗号化なし/あり
  • バイナリログあり/なし
  • インスタンスタイプは db.r3.large/db.r4.large、db.r3.xlarge/db.r4.xlarge

の組み合わせで試してみます。

mysqlslapコマンドのパラメータは前回と同じで、読み書き混在モードで試しています。

mysqlslap
$ mysqlslap --auto-generate-sql --auto-generate-sql-guid-primary --engine=innodb --number-int-cols=20 --number-char-cols=20 --concurrency=150 --auto-generate-sql-write-number=2000 --auto-generate-sql-execute-number=2000 --auto-generate-sql-load-type=mixed -u 【ユーザ名】 -h 【クラスタエンドポイント】 -p

2. 結果

単位は秒。3回実行して平均を取りました。

  • largeインスタンス
インスタンスタイプ 暗号化なし・バイナリログなし 暗号化なし・バイナリログあり 暗号化あり・バイナリログなし 暗号化あり・バイナリログあり
db.r3.large 57.252 66.970 57.360 68.003
db.r4.large 51.293 62.091 48.860 57.737
性能UP率 11.6% 7.9% 17.4% 17.8%
  • xlargeインスタンス
インスタンスタイプ 暗号化なし・バイナリログなし 暗号化なし・バイナリログあり 暗号化あり・バイナリログなし 暗号化あり・バイナリログあり
db.r3.xlarge 35.226 39.076 34.680 40.271
db.r4.xlarge 32.046 35.797 33.133 37.857
性能UP率 9.9% 9.2% 4.7% 6.4%

3. 考察(というほどのものでもない)

程度の差はありますが、R4インスタンスはR3インスタンス比で性能向上していました。

但し、暗号化の有無については、以前試したR3もR4も、誤差の範囲でしかありませんでした。
前回同様、「あり」のときの性能が「なし」を上回るケースもありましたが、db.r4.largeでは前回のR3とは違って、バイナリログがあっても「あり」が「なし」を上回りました。

インスタンスが割り当てられたホストや、利用しているストレージの負荷状況が影響したのかもしれません。

結果として、暗号化の有無と性能のUP率がlargeインスタンスとxlargeインスタンスで逆転していますが、これは偶然の可能性が高いと思います(3回繰り返した結果のばらつきはいずれも小さかった)。

また、今回のR3インスタンスとR4インスタンスの結果の差を考えると、割り当てられるホストやストレージによっては結果が逆転する可能性もあります。

2018/01/08追記:

2018/01/08になって、もう一度試してみたら…。


【おまけ】
Amazon Aurora関連投稿記事へのリンクを集めました。

hmatsu47
名古屋で士業向けWebサービスのインフラ構築管理、たまにアプリケーション開発をやっています。 業務利用しているもの、個人研究など、気長にのんびり投稿していきます。ニッチ狙いが多めです。 IPA RISS(001158)・NW・DB/日商・大商2級コレクター?(簿記・ビジネス法務・ビジネス会計)。
https://hmatsu47.hatenablog.com/
infra-workshop
インフラ技術を勉強したい人たちのためのオンライン勉強会です
https://wp.infra-workshop.tech/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away