Help us understand the problem. What is going on with this article?

GASでよく使う関数まとめ※随時更新予定

Simple Triggers

onOpen()

閲覧権限のあるユーザが、このスクリプトが紐付けられたファイルを開いた時に呼ばれる

Spreadsheet Object

.openById(<スプレッドシートのID>)

スプレッドシートを取得(ID)

.getUi()

SpreadsheetのUIオブジェクトを取得する

.createMenu(<メニューの名前>)

メニュー(ファイルや編集、表示などが書いてある欄)を作成する

.addItem(<アイテムの名前>, <呼び出す関数名>)

プルダウンメニューを押した時に呼ばれるgas内の関数を定義する。

.addToUi()

上記のアイテムをメニューに追加する。
これを行わないとメニューに反映されないので注意!

.getActiveSpreadsheet()

スクリプトが紐付いているSpreadsheet Objectを取得する

.getId()

スプレッドシートのIDを取得する

.getName()

スプレッドシートの名前を取得する

.copy(<名前>)

スプレッドシートを作成者のルートフォルダーにコピーする

Sheet Object

.getSheetByName(<シートの名前>)

シートを(名前で)取得する

.getRange(<範囲>)

シートの指定された範囲を取得する

.getValue()

指定されたセルの値を取得する

.getValues()

値を取得する(2次元配列)

.setValues(<二元配列>)

範囲に値を挿入する

DriveApp Object

.getFolderById(<フォルダーのID>)

フォルダーをIDで取得する

.getFileById(<ファイルのID>)

ファイル(スプレッドシート, ドキュメントなど)をFile Objectで取得する

.getRootFolder()

実行ユーザーのルートフォルダーを取得する

Folder Object

.addFile(<ファイル>)

ファイルをそのフォルダーに追加する

.removeFile(<ファイル>)

ファイルを削除する

スプレッドシートをコピーする

.copy(<コピー後のスプレッドシートの名前>)

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした