Swift

[iOS8] Swiftで文字列と数値の型変換する方法

More than 3 years have passed since last update.

Swiftで文字列と数値の相互変換する方法をサンプルコードを利用して説明します。

・数値 --> String

・String --> 数値

数値 --> String

let num  = -1.23

let str = num.description // "-1.23"

String(num)でも文字列化はできますが、少数やマイナス値にはエラーになるため、descriptionを利用します。

その他、数値の型の変換は型名()で変換可能です。

let num = 123

float_t(num) // 123.0
double_t(num) // 123.0
 

String --> 数値

let str = "123"

let intFromStr = str.toInt()! + 1 // 124
let intFromOpStr = str.toInt() // Optional(123)


toString()に対して「!」を付けない場合は、optional型に変換されます。