Help us understand the problem. What is going on with this article?

iDempiere4.1(JPiere4.1)のインストール Azure : Ubuntu14.4LTS

More than 1 year has passed since last update.

1. はじめに

原則、
JPiere4.1のインストール
iDempiere3.1のインストール AWS - EC2 : Ubuntu14.4LTS
を参考にしています。

AzureのVMは、『Ubuntu Server 14.04 LTS』イメージで作成、アップーデート済み

2. システム要件(iDempiere4.1(JPiere4.1))

  • OS : Windows 64bit, Linux 64bit
  • DB : PostgreSQL9.4
  • Java : Java8* OracleのJava8を推奨

参考:JPiere4.1の推奨システム要件

3. JAVA

3.1 Oracle JDK 8のインストール

システム要件に記載があるようにOpenJDKではなく、OracleJDKをインストール
*iDempiereのバージョンによっては、OpenJDKで手順が記載されているので注意

$ sudo add-apt-repository ppa:webupd8team/java
$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install oracle-java8-installer

SSL(https)を使う場合、インストールしたJAVAのバージョンに応じて、jettyのライブラリのバージョンを置き換える必要がありますので、インストールバージョンを控えておいてください。

4. PostgreSQL

4.1 PostgreSQL9.4のインストール

Ubuntu14.04(2015/11時点)だとデフォルトで9.3がインストールされてしまうので、リポジトリを追加しインストール

$ sudo add-apt-repository "deb https://apt.postgresql.org/pub/repos/apt/ trusty-pgdg main"
$ wget --quiet -O - https://postgresql.org/media/keys/ACCC4CF8.asc | sudo apt-key add - 
$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install postgresql-9.4

4.2 postgresのパスワード設定

iDempiereセットアップ時にpostgresロールのパスワードが必要となるため、設定

$ sudo su postgres -c 'psql --username=postgres'
$ ALTER USER postgres with encrypted password 'postgres';

※パスワードは仮。運用環境に合わせて設定

4.3 idempiere用ロールの作成

adempiereロールを、パスワード'adempiere'で作成
*パスワードの'adempiere'は仮、実運用の際にはセキュリティー的に他のパスワードに設定する。

$ sudo su - postgres
$ psql -U postgres -c "CREATE ROLE adempiere SUPERUSER LOGIN PASSWORD 'adempiere';"
$ logout

4.4 pg_hba.confの修正

iDempiere3.1のインストール AWS - EC2 : Ubuntu14.4LTSには、

PostgreSQLへのアクセス設定
 PostgreSQLへアクセスできるように、postgresql.confやpg_hba.confの設定を行います。

と記載されており、情報が少ないので注意。
*何もしないと以降のデータベース作成の際に、Peer認証に失敗しデータベース作成できない。

pg_hba.conf(/etc/postgresql/9.4/main にある)を編集して、以下の追加
先に作成したadempiereロールの認証をMD5に変更する

local all postgres peer
local all adempiere md5 ← 追加

編集後、postgresを再起動

$ service postgresql restart

参考:peer認証の関係でpsqlログインできない時の対処法

4.5 iDempiere用のデータベースの作成

adempiereロールで、idempiereという名称のデータベースを作成する

$ createdb --template=template0 -E UNICODE -O adempiere -U adempiere idempiere
$ psql -d idempiere -U adempiere -c "ALTER ROLE adempiere SET search_path TO adempiere, pg_catalog"

*上記のpg_hba.conf編集していないとcreatedbでpeer認証エラーになるので注意

5.データベースのリストア

リストアするダンプのダウンロード先:jpiere4.1

5.0 書き込み権限の付与

iDempiere3.1のインストール AWS - EC2 : Ubuntu14.4LTSに、合わせているため"/usr/local/etc"デイレクトリにPostgreSQLのダンプファイルを転送する前提のため実施。
実際のセットアップの環境に合わせて対応すること。

$ cd /usr/local
$ sudo chmod a+rwx etc
$ cd etc

5.1 ダンプファイルのリストア

ダウンロードしたExpDat.dmpをidempiereデータベースにadempiereroロールでリストア

$ psql -d idempiere -U adempiere -f ExpDat.dmp

6.iDempiereのインストール

インストールのダウンロード先:jpiere4.1

6.1 unzipのインストール

$ sudo apt-get install wget unzip

6.2 ファイル展開

ダウンロードしたidempiereServer.gtk.linux.x86_64.zipを任意の環境に、コピー。
*iDempiere3.1のインストール AWS - EC2 : Ubuntu14.4LTSに、合わせると"/usr/local/etc"デイレクトリ

以下で解凍してファイルを展開する

$ sudo unzip idempiereServer.gtk.linux.x86_64.zip

6.3 iDempiereのセットアップ

$ cd idempiere.gtk.linux.x86_64/idempiere-server
$ sudo sh console-setup.sh

6.4 ファイヤーウォールの設定

AzureおよびOSのファイアウォールでポートを開放する

OS

$ sudo ufw enable
$ sudo ufw allow 8080 *iDempiereのセットアップでポートを8080とした場合
$ sudo ufw allow http *iDempiereのセットアップでポートを80とした場合
$ sudo ufw reload

Azure

対象のセキュリティグループから受信規則設定を行う。

6.5 iDempiereの起動

$ sudo sh idempiere-server.sh &

その参考サイト

AWSのCentos7上にJPiereを立ち上げる

オープンソースの会計アプリをインストール

Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away