search
LoginSignup
0

More than 1 year has passed since last update.

posted at

updated at

Organization

CentOS8でunboundをソースからコンパイルして使う

CentOS8でunboundをソースからコンパイルして使う

現在自宅内でbindを使って権威DNSサーバーとフルリゾルバを混ぜて使っているのですが、リゾルバ部分を分離してunboundで新しく構築してみたいと思います。
せっかくなので、DNSSECの検証もするように設定します。
CentOS8で作りましたが、CentOS7でもdnfをyumにするくらいでできると思います。

下準備

OSに入っているunvoundとunbound-libsを念のため削除します。

dnf remove -y unbound unbound-libs

unboundグルーブとunboundユーザーを作成します。OSにすでにunbound-libsがインストールされていた場合にはグループやユーザーがすでに存在しているかも知れません。

groupadd unbound
useradd -g unbound -s /sbin/nologin unbound

必要なライブラリをインストールします。

dnf install -y gcc openssl-devel libevent-devel expat-devel systemd-devel

インストールと環境設定

unboundのソースをダウンロードしてmake, make installします。

wget https://www.nlnetlabs.nl/downloads/unbound/unbound-1.10.1.tar.gz
tar xvzf unbound-1.10.1.tar.gz
cd unbound-1.10.1
./configure --enable-systemd --with-libevent
make
make install

共有ライブラリを登録します。

echo /usr/local/lib > /etc/ld.so.conf.d/unbound.conf
ldconfig

サービスに登録します。起動するようにするのは、設定が終わってからにします。

cd contrib
cp unbound.service unbound.socket /usr/lib/systemd/system/

unboundユーザが書き込める領域を作成します。

mkdir -p /usr/local/etc/unbound/runtime
chown unbound:unbound /usr/local/etc/unbound/runtime

後で行方不明にならないようにunbound.confを/etcにシンボリックリンクしておきます。

ln -s /usr/local/etc/unbound/unbound.conf /etc/unbound.conf

設定ファイル作成

unbound.confを編集します。

/usr/local/etc/unbound/unbound.conf
server:
    verbosity: 1
    num-threads: 10
    interface: 0.0.0.0
    outgoing-num-tcp: 100
    incoming-num-tcp: 100
    edns-buffer-size: 512
    max-udp-size: 512
    do-ip6: no
    access-control: 172.30.10.0/24 allow
    access-control: 127.0.0.1 allow
    log-queries: yes
    log-replies: yes
    log-local-actions: yes
    rrset-roundrobin: yes
    minimal-responses: yes
    auto-trust-anchor-file: "/usr/local/etc/unbound/runtime/root.key"

access-controlはlocalhostと自宅内の172.30.10.0/24からのみ接続可能なように設定しています。
udpのパケットが分断されたときに書き換えられると嫌なので、4096ではなく、小さく512にしておきます。
ipv6のない環境なので、do-ip6はnoにしておきます。
auto-trust-anchor-fileを指定すると、DNSSECの検証ができるようになります。
rrset-roundrobinをyesにしないとroundrobinしないそうです。
minimal-responsesをyesにすると、必要にないときにはAUTHORITY SECTIONを返さず静かになります。
num-threadsやtcpの数は適当です。環境によって調整してください。
logもお好みで。普通の環境ではこのままだとうるさいと思います。

DNSSECの設定

ルートゾーンのDNSSECのkeyを持って来ます。

sudo -u unbound /usr/local/sbin/unbound-anchor -a /usr/local/etc/unbound/runtime/root.key

1日1回取りに行くように設定します。

# crontab -e -u unbound

30 23 * * * /usr/local/sbin/unbound-anchor -a /usr/local/etc/unbound/runtime/root.key

Firewallの設定

FirewallがDNSを通すように設定します。

firewall-cmd --add-service=dns --zone=public --permanent
systemctl reload firewalld

起動設定

自動で起動するように設定して、起動します。

systemctl enable unbound
systemctl start unbound

確認

別のサーバーから確認してみます。

DNSSECのないホスト

% dig @172.30.10.1 qiita.com

; <<>> DiG 9.11.13-RedHat-9.11.13-5.el8_2 <<>> @172.30.10.1 qiita.com
; (1 server found)
;; global options: +cmd
;; Got answer:
;; ->>HEADER<<- opcode: QUERY, status: NOERROR, id: 33714
;; flags: qr rd ra; QUERY: 1, ANSWER: 3, AUTHORITY: 0, ADDITIONAL: 1

;; OPT PSEUDOSECTION:
; EDNS: version: 0, flags:; udp: 512
;; QUESTION SECTION:
;qiita.com.                     IN      A

;; ANSWER SECTION:
qiita.com.              60       IN      A       54.65.107.105
qiita.com.              60       IN      A       54.92.1.147
qiita.com.              60       IN      A       13.112.43.51

いい感じです。

DNSSECのあるホスト

% dig @172.30.10.1 internet.nl

; <<>> DiG 9.11.13-RedHat-9.11.13-5.el8_2 <<>> @172.30.10.1 internet.nl
; (1 server found)
;; global options: +cmd
;; Got answer:
;; ->>HEADER<<- opcode: QUERY, status: NOERROR, id: 2844
;; flags: qr rd ra ad; QUERY: 1, ANSWER: 1, AUTHORITY: 0, ADDITIONAL: 1

;; OPT PSEUDOSECTION:
; EDNS: version: 0, flags:; udp: 512
;; QUESTION SECTION:
;internet.nl.                   IN      A

;; ANSWER SECTION:
internet.nl.            60      IN      A       62.204.66.10

flagsにadが付いています。

DNSSECが失敗するホスト

% dig @172.30.10.1 dnssec-failed.mufj.jp

; <<>> DiG 9.11.13-RedHat-9.11.13-5.el8_2 <<>> @172.30.10.1 dnssec-failed.mufj.jp
; (1 server found)
;; global options: +cmd
;; Got answer:
;; ->>HEADER<<- opcode: QUERY, status: SERVFAIL, id: 45344
;; flags: qr rd ra; QUERY: 1, ANSWER: 0, AUTHORITY: 0, ADDITIONAL: 1

;; OPT PSEUDOSECTION:
; EDNS: version: 0, flags:; udp: 512
;; QUESTION SECTION:
;dnssec-failed.mufj.jp.         IN      A

statusがSERVFAILになりました。

おまけ

元々、自宅のDNSなので、.hiraというエセTLDがあります。
元のDNSサーバーは権威専用のDNSサーバとして残そうと思うので、.hiraは元のDNSサーバ(172.30.10.201, 172.30.10.202)に転送することにします。

/usr/local/etc/unbound/unbound.conf
server:
    private-domain: "hira"
    domain-insecure: "hira"
stub-zone:
    name: "hira"
    stub-addr: 172.30.10.201
    stub-addr: 172.30.10.202

stub-zoneを使うのがコツのようです。

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
What you can do with signing up
0