Help us understand the problem. What is going on with this article?

VimにRust開発用の設定入れる

More than 3 years have passed since last update.

想定してるのはMacかLinux。

やりたいことは

  • シンタックスハイライト
  • コード補完
  • オートフォーマット

あたりなので、とりあえずこのあたりを出来るようにする。
インストールするのは4つ。

コマンドとして

  • phildawes/racer
  • rust-lang-nursery/rustfmt

Vim Pluginとして

  • rust-lang/rust.vim
  • racer-rust/vim-racer

それぞれ2つずつ。

まずはracerとrustfmtをインストールする。どちらもcargoでインストール出来るので

cargo install --git 'https://github.com/phildawes/racer.git'
cargo install --git https://github.com/rust-lang-nursery/rustfmt

としてあげる。
とくに設定していなければ$HOME/.cargo/binにracerとrustfmtが入っているはず。
必要ならPATHを通しておくのがいいと思うけどVimからしか使わないなら通さなくてもいいかもしれない。

racerの設定でソースファイルが必要になるので、もし無いなら
ここからダウンロードしてきて、展開したものを適当な場所に置いておく。

Vimの設定に移って、2つのプラグインをインストールしておく。
まず保存したときに自動整形してほしいので

let g:rustfmt_autosave = 1
let g:rustfmt_command = '$HOME/.cargo/bin/rustfmt'

としてあげる。g:rustfmt_autosaveが0の場合は保存するときに自動整形しない。
g:rustfmt_commandはrustfmtの場所を指定。

racer用の設定は公式ページの通りだけど

set hidden
let g:racer_cmd = '$HOME/.cargo/bin/racer'
let $RUST_SRC_PATH="/usr/local/src/rustc-1.5.0/src"

こちらはracerの場所とさっきダウンロードしてきたソースコードの中のsrcディレクトリの場所を指定してあげる。

これらの設定をしておくとシンタックスハイライトがついたりコード補完が出来たりオートフォーマットができたりする。
ついでに:RustRunってやるとVimからプログラムを実行することができる。

他にももう少しできることはあるみたいだけど、これだけあれば勉強するには十分かなと。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした