Help us understand the problem. What is going on with this article?

Go言語用和暦ライブラリを作りました

More than 1 year has passed since last update.

Go言語用和暦ライブラリを作りました。
よかったら使ってみてください。

使い方

ライブラリを取得

$ cd $GOPATH
$ go get github.com/hideshi/go-wareki

サンプル

package main

import (
    "time"
    "fmt"
    "github.com/hideshi/go-wareki"
)

func main() {
    // Go言語バージョン1のリリース日
    firstReleaseDateOfMajorVersionOfGolang := time.Date(2012, 3, 28, 0, 0, 0, 0, time.UTC)

    // 和暦を取得
    wareki := wareki.NewWareki(firstReleaseDateOfMajorVersionOfGolang)

    // 和暦の文字列を取得
    fmt.Println(wareki.String()) // 平成24年3月28日
    fmt.Printf("%s\n", wareki) // 平成24年3月28日

    // 和暦から西暦の日付を取得
    d := wareki.Date // time.Time型
    fmt.Printf("%v\n", d) // 2012-03-28 00:00:00 +0000 UTC 
}
hideshi
フィリピンでWebエンジニアをやっています。最近はGo言語やブロックチェーンに関心があります。
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away