ソフトもセンスもいらない勉強会のための名刺作成方法

技術系の勉強会に行ってみたけど、どう交流すればいいかわからない。

まずは「名刺」を作ってみませんか?

初対面の人と話す「きっかけづくり」の一つに自分の名刺を作り、持ち歩くことを広めたい。

そんな私が、勉強会前1週間で間に合わせた名刺の作成~発注までをまとめます。

センスお金もかけずに、こんな感じのものができます!

C360_2018-10-23-20-34-13-147.jpg


事前に準備するもの


  • Twitterアカウント

  • アイコン

  • 予算1000円くらい


利用する印刷会社

マヒトデザイン

→事前に会員登録をしておいてください。


1.デザイン作成


テンプレート選択

今回はマヒトデザインの提供している「デザイン注文」を利用します。

事前にログインをしておき、こちらのページより、元にするデザインを選んでください。

入力項目・色・レイアウト、カスタマイズできますので、なんとなくでいいです。

「横カラーデザイン」「縦カラーデザイン」から選ぶのが、シンプルでおすすめ!01.PNG


編集

テンプレートを選択すると「デザインメーカー」の画面に映ります。

ここで、文字・色・レイアウトの変更やイメージの挿入ができます。

何を書けばいいかわからない人はとりあえず

* 名前(Twitterアカウント名)

* Twitterアカウントの@~~

* (blogなどがあれば)blogのアドレス

だけは必ず入れて、あとはお好みで

* アピールコメ(好きな言語など)

* 参加コミュニティ

を追加し、程よいところに自分のアイコンを配置しましょう。


文字の変更

文字を変更する場合は、「編集パネル」をいじって、「OK」を押しましょう。

02.PNG

1.変更するアイテムを選んで

2.編集パネルをいじって

3.OKを押す

03.PNG


アイテムの削除

不要なアイテムは

04.PNG

1.変更するアイテムを選んで

2.右端のごみ箱を押す

05.PNG


画像の追加

画像を追加するときは

06.PNG

1.編集パネルから「画像」を選んで

2.「新規画像登録」を押して

3.適当な画像を選んで

07.PNG

4.元の画面にもどって「OK」を押して

08.PNG

5.場所やサイズを変えてください


2.確認・発注情報入力

こんな感じで作り終えたら、右上の「デザインを決定する」を押しましょう

09.PNG

すると、確認画面に映ります。

問題がなければ、このままスクロールして発注内容を決めましょう。

10.PNG

気に入らない場合は、「オモテ面のデザイン修正」、両面刷りにしたければ「ウラ面のデザイン作成」をしましょう。

また、気が早いですが次回以降の発注のために「このデザインを保存」で、名刺に名前を付けてデザインを保存しておきましょう

発注内容を決めます。

11.PNG

選択項目がいろいろあります。正式な説明はこちらを参照してください。

ざっくり説明すると


  • 用紙の種類 こだわりがなければそのままで、こだわる人はこちら。いい紙ほど値段が上がります。

  • 出荷営業日 0営業日or7営業日の選択です。急ぎであれば0営業日。もちろん値上がりしますが、100円も変わりません。優しい。

  • 枚数 マヒトデザインでは最小発注数が100です。ちょっとビビりますが、たぶん何とかなります。

  • 角丸加工 ありorなしです。特にこだわりがなければ「なし」でよいです。

  • 梱包方法 紙箱orプラスチック箱でのお届けです。プラ箱のほうがもちろん値上がりしますが、100円も変わりません。優しい。ただし、プラ箱の場合、配送方法が宅配便一択になります(後述)

  • 注文管理名 適当につけましょう(日付とか)

選択出来たら、「カートに入れる」を選択しましょう。


3.発注・支払い

そのまま、発注しましょう。「カートの中を確認する」を選択します。


宅配方法の選択

簡単に言えば、

* ネコポス 安い、ポストに入れてくれる

* 宅配便  高い、時間指定可能

となります。個人的にはネコポス楽です。(要は普通の郵便のように入れてくれるので)


支払い方法の選択

クレジットカード/銀行振込/代引が選べます。お好みで。


お届け先選択

会員登録時に登録した住所(自宅)、それ以外が選べます。


注文確認

諸々確認して、問題なければ、個人情報のチェックを入れ、注文を確定しましょう。


配送をまつ

お疲れさまでした。これで完了です。地域によりますが、0営業日を選んだ場合早ければ3日もたたずに届きます。


Tips

フォント・色が限られていて気にいらない


ほかの画像作成ソフトで作成して、画像として取り込んじゃいましょう



Twitterマークなどをつけたいけど……


フリーのアイコン配布サイトを利用しましょう。配布条件(個人・商用利用可か、加工の可否、利用時の申請の有無)には注意。



PhotoShopなどで作りたい


データ入稿も対応しています。他社さんもふくめて、入稿様式・条件を確認・比較してください。というか、そういう方はここを見ずともできると思いますが


最後に

自分用の名刺を作ると意外と愛着がわきます。

勉強会の場では、盛り上がって相手の名前と顔が一致しないこともしばしばですが、名刺という「もの」があると、あとでフォローしてもらいやすかったり、思い出しやすかったりします。

もっと名刺交換をしたいので、ぜひ素敵な名刺を作って私と交換してください。