PostgreSQL 9.4.x に pg_bulkload をインストールする方法

More than 1 year has passed since last update.

PostgreSQLの高速データローダpg_bulkloadのPostgreSQL 9.4.x向けのリリースが出ていたので、インストール方法のメモを残しておく。
公式サイトに載っている説明だと、拡張をインストールするSQLファイルのパスが間違っているっぽい。

ビルド

pg_configコマンドにパスが通っている場合には、下記のコマンドでインストールできる。

make USE_PGXS=1
make USE_PGXS=1 install

pg_configにパスが通っていない場合には、環境変数で明示的に指定する。

make USE_PGXS=1 PG_CONFIG=/path/to/pg_config
make USE_PGXS=1 PG_CONFIG=/path/to/pg_config install

make installはルート権限が必要な場合には適宜 sudo などすること。

拡張関数を登録

この作業は、pg_bulkloadを利用してデータを投入したいPostgreSQLのデータベースごとに実行する必要あり。

psql DATABASE_NAME -f `pg_config --sharedir`/extension/pg_bulkload.sql