More than 1 year has passed since last update.

最近のqiitaの使い方がMac素人のメモ帳みたいになりつつあるが。

pkgutil --pkgs | grep <keyword>

でパッケージ名を調べる。

pkgutil --files <package>

でインストールされたファイル群を調べて、削除してよいか判断。

残念ながら pkgutil ではアンインストール機能は提供されていないみたいなので(2015年1月時点のYosemiteでは)、自前でファイルを消す。昔は --unlink というオプションがあったっぽい。

※以下のスクリプトはsudoによるファイル削除を伴うので自己責任で

pkgutil --files <package> | sort -r | while read fod; do fod="/usr/local/$fod"; if [ -f "$fod" ] || [ -L "$fod" ]; then sudo rm "$fod" && echo "deleted $fod"; elif [ -d "$fod" ]; then sudo rmdir "$fod" && echo "deleted $fod"; fi; done

--files の出力ファイル名はインストールされているディレクトリ /usr/local が無かったりしてややこしいし、OS X のバージョンが変わる度にこのへんの仕様が変わっているみたいで、やや怖い。

ファイル削除が終わったら、データベースからパッケージのエントリを削除する。

sudo pkgutil --forget <package>

参考