Help us understand the problem. What is going on with this article?

新しいGoogle SitesでPageごとのアクセス制御を可能にする

More than 1 year has passed since last update.

目的

GSuiteを利用している企業や勉強会などでGoogle SitesでInternal Wikiを作ると、サーバー立てるなどの面倒な処理がいらず非常に便利である。旧Google SitesにはあったPageごとのアクセス制御機能がまだ実装されていないので、少しトリッキーな方法で実現する。

Google Sitesのメリット

  • 自前サーバーを用意せずに簡単にサイトを構築できる
  • Google Docとの連携が容易で、Driveより情報を構造化できる
  • GSuiteアカウントにログインすれば閲覧・編集できるので、Remote Workにも適している
  • Site自体はGoogle Driveの容量を使わない(Google Docも同様)
  • 手間暇かけずにそれっぽいサイトができる

手順概要

  • Google Sitesでアクセス制御したいサブページを作成
  • 秘匿したいサブページをnavigationから消す
  • URLは生きているので直接アクセス

詳細

  1. まずは適当にサイトを作ります。 image.png
  2. 非公開にしたいページを選択し、Hide from navigationを選択 図1.png
  3. 無事にNavigationから消えていることを確認 image.png
  4. 直接URLを打ち込む。PageのタイトルがPathになる。ただし、大文字は小文字にして入力しないと404になってしまう。今回のケースではPageのPathが非公開 > 絶対勝てるSplatoon裏技なので、アクセスするためのPathはhttps://sites.google.com/{アカウント名}/{Google Sites名}/非公開/絶対勝てるsplatoon裏技となる。 image.png
  5. これにより、URLを知っているメンバーのみが情報にアクセスできるようになり、擬似的にアクセス制御を行えるようになった。

あとがたり

このようなURLを知っている人にのみ公開系の制御はある(Qiitaの限定共有もそうですね)が、やはりSensitiveな情報は仕組みとしてきちんと制御したい。今後実装される予定があるらしいので、それを震えて待ちますか。

参考リンク集

so-netmedia
機械学習技術でマーケティングを最適化するLogicad及びVALIS-Cockpitを開発
https://www.so-netmedia.jp
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした