Help us understand the problem. What is going on with this article?

【Houdini】あるポイントを含むフェイスをいろいろな vex コードで得る

いろいろなランオーバーで同じことをやってみようシリーズその2です。
ガリガリ vex で頑張る時用のメモなので、あのノードでやると簡単にできる、みたいなのは考慮しておりませぬ。

あるポイントを含むフェイス一覧を得たい

image.png
ポイント12を頂点として含むフェイスに色をつけるコードを、ポイント、頂点、プリミティブ(フェイス)、ディティールのそれぞれのランオーバー指定で書いてみました。全て同じ結果になります。コードでは対象フェイスを hoge グループに格納して、そのグループ対象で色を付けています。

ポイント

if(@ptnum==12)
{
    int prims[] = pointprims(0, @ptnum);
    foreach(int prim;prims)
    {
        setprimgroup(0, "hoge" , prim, 1);        
    }
}

ただ @primnum でプリム番号を取るだけだと、代表の1フェイスしか返ってこないので 複数のフェイスを返す pointprims 命令を使っています。

頂点

if(@ptnum==12)
{
    setprimgroup(0, "hoge" , @primnum, 1);        
}

頂点を対象にするコードはとても簡潔になりました。1頂点に対応するポイントもフェイスもそれぞれ一つだからですね。

プリミティブ

int pts[] = primpoints(0, @primnum);
foreach(int pt; pts) {
    if(pt==12) {
        setprimgroup(0, "hoge" , @primnum, 1);
    }
}

プリミティブの場合、ポイントと同じようなコードとなりました。

ディティール

int numvert = nvertices(0);
for(int i=0;i<numvert;i++)
{
    if(vertexpoint(0, i)==12)
    {
        setprimgroup(0, "hoge" , vertexprim(0, i), 1);
    }
}

ディティールの場合、いろいろ書けそうですが、頂点一覧を取得して処理をすすめる形にしてみました。一番内側の if 文以降は頂点のコードと同じ構造(使う命令は違うものの)になってます。まあ当然ですね。foreach でなく for での処理になっているのは、頂点一覧を得る命令がとりあえずは見当たらなかったからです。

まとめ

プロシージャルモデリングをするにあたって、既存のノードではできない || できても回りくどい処理、を行うために vex を使っているわけですが、動くものは作れるけれど、整理された状態には程遠いので、基本を押さえるためにこのような単純な命題を異なったランオーバーで記述する試みをしています。一般のチュートリアルや教材ではポイントで処理を回す例が多いですが、モデリングを行うに当たっては頂点の処理が欠かせないため、処理対象を頂点としたほうが、簡潔にすむことが多い、、のではないかと思っています。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした