Help us understand the problem. What is going on with this article?

GitHubへのCommitによりCircleCIを起動し、S3静的サイトを更新するプロジェクトをつくってみた

目的

CircleCIとGitHubのキャッチアップのため、前回作ったS3静的サイトを更新するCD環境を作ってみました。

構成図

Arch2.png

流れ

1.GitHubの準備
2.CircleCIとGitHubとS3の連携
3.検証

1.GitHubの準備

S3とローカルに保存しているだけでしたので、休眠していたGitHubアカウントを復活させ、ローカルGitと接続しました。
https://employment.en-japan.com/engineerhub/entry/2017/01/31/110000

2.CircleCIとGitHubとS3の連携

@kenta_ojapi さんの記事を参考にさせて頂きました。ありがとうございました。
https://qiita.com/kenta_ojapi/items/221dd147944b87cee479

検証での気づき

1.隠しファイルも一緒にS3に保存されてしまう。

手順のyamlファイルをそのまま利用させて頂きS3とaws s3 syncコマンドを動かすことができましたが、隠しファイルの.gitファイルと.circleciファイルも同時に保存されてしましました。

そこでちょっと調べて、S3 syncのオプションに「--exclude」というものがありましたので、下記のように「AWS_S3_BUCKET_EXCLUDE」のパラメータを追加し、.gitと.circleciをS3 syncから除外してみました。

config.yml
version: 2
jobs:
  build:
    working_directory: ~/repo
    environment:
      - AWS_S3_BUCKET_NAME: my-bucket-name
      - AWS_S3_BUCKET_EXCLUDE: .*/*
    docker:
      - image: innovatorjapan/awscli:latest
    steps:
      - checkout
      - run:
          name: Deploy to S3 if branch is Master.
          command: |
            if [ "${CIRCLE_BRANCH}" == "master" ]; then
              aws s3 sync ~/repo s3://${AWS_S3_BUCKET_NAME}/ --exact-timestamps --delete  --exclude "${AWS_S3_BUCKET_EXCLUDE}"
            fi

2.environmentのパラメータ値の前に半角スペースが必要

これはCircleCiのエラーで気づいたミスなのですが、「AWS_S3_BUCKET_NAME:my-bucket-name」ではなく「AWS_S3_BUCKET_NAME: my-bucket-name」のようにパラメータの値の前に半角スペースが必要でした。

今後について

Test環境と本番環境のmaster/branchへのPushの挙動に合わせ、デプロイ先を変更するようなCircleCIの設定(まだ何というかわからない)に変えていきたいと考えてます。他人の作ったJenkinsのbuild.xml数十ファイルを読み解いて頃を思い出し、各種設定のパラメータ化に努めたいです。。。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした