Help us understand the problem. What is going on with this article?

GitHub用に使用してるChrome Extension

More than 5 years have passed since last update.

はじめに

  • 個人で使用中のChrome Extensionをまとめたもの
  • 自分とは作業背景に差異がある場合は、当てはまらない可能性が多々ある

目的

対象者

  • 開発の半分以上をGitHubに依存している

Chrome Extensions

Issues

  • GitHub Notifier - Chrome Web Store
  • Github Checker - Chrome Web Store
    • 担当Issue数を表示
    • 作業漏れ防止
    • 上限限数は30
      • 30以上の場合も30として表示される
      • 「残件30だ!」と安心してはいけない
      • 担当数を30以内に保つきっかけになる
  • ZenHub for GitHub - Chrome Web Store
    • Trelloのように、Issueをカードとして扱える
    • ワークフローを構築可能
      • Issueには作業中などの状態を持たせられない
      • labelで代用する方法もあるが、上手く行った試しがない
    • 2種類の料金体系
      • 全てがpublicリポジトリの場合、無料
      • privateリポジトリを含む倍、30日間無料で利用可能
  • Github Sequence Diagrams - Chrome ウェブストア
    • シーケンス図を描画
    • アスキーアートでは表現し切れない表現を補助してくれる
    • 拡張機能をインストールしてないクライアントには、ヒアドキュメントとして表示される

PullRequest

Commit History

  • Github improved - Chrome Web Store
    • Commit履歴一覧ページに、diff結果を差し込める
      • 通常、Commit一覧ページには変更内容が表示されない
    • Commit履歴一覧ページ内で内容を確認まで完結可能
      • 該当する変更内容表示ページへ遷移する必要が無い

Design

  • github.expandinizr - Chrome Web Store
    • 通常は固定幅となるが、この機能により横幅を広げられる
    • 横長ディスプレイを有効活用出来る
    • 影響範囲はGitHub.com全体
  • Octotree - Chrome Web Store
    • リポジトリのTree構造を提供
    • ファイルマネージャ化
    • 必要に応じ開閉を選択可能

Wiki

  • GitHub Wiki Search - Chrome Web Store
    • GitHub Wikiに検索窓を追加可能
    • GitHub Wikiを検索対象に入れられる
      • ページ上部の検索窓は、GitHub Wikiが検索対象外
      • GitHub Wiki内の検索窓っぽいものは、Wikiページ名が検索対象である
    • 検索キーワードをハイライト表示

番外編(GitHub用ではないけども重宝している拡張機能)

参考文献

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした