Posted at
kintoneDay 9

R3 kintone js deployerを使ってkintoneカスタマイズをハッピーに!

More than 1 year has passed since last update.

kintone Advent Calender 9日目の記事です。

最近、社内でハッピーというキーワードがよく使われているようなのでタイトルに入れてみました。

kintoneでJavaScriptのカスタマイズをしていて思うのは、JavaScriptファイルをアップロードするのが面倒なんですよね。

そこで改善できるツール作りましたよ!って書こうとしたら、前日の方も同様の記事を書かれていましたw

とは言え、もはや(時間的に)後戻りはできないので、ご紹介させて頂きたいと思います。


JavaScriptカスタマイズの流れ

kintoneでJavaScriptを使ったカスタマイズを行う場合、だいたい以下のような流れで進めます。


  1. JavaScriptプログラムを作る

  2. アプリの設定画面からkintoneへJavaScriptファイルをアップロードする

  3. 動作確認・デバッグする

2を行うためにはkintoneのアプリ設定画面を開いて、ファイルをアップロードする必要があり、結構面倒なわけです。


便利ツールを使う


JSEdit for kintone

kintoneの設定画面上で直接JavaScriptを記述できる便利なプラグインがあります。

これを使うとファイルをアップロードする手間が無くなるため、非常にお手軽にJavaScriptカスタマイズができます。

が、kintoneの画面で直接コーディングするという事は、ソースが手元に残らないので、ちょっと不安になる事があります。


Dropbox連携

Dropboxの同期機能を活用したテクがあります。

この方法でもアップロードの手間が無くなり、更にオリジナルのソースは手元で管理できるのでとても便利です。

ですが、ファイルがインターネット上に公開されている状態なので、ちょっと不安になる事があります。


R3 kintone js deployer で万事解決!?

そこで(僕ではありませんが)作ったのが R3 kintone js deployer (∩´∀`)∩ワーイ

本ツールはコマンドライン形式で実行するもので、設定ファイルに記述した情報を元に、kintoneへJavaScriptファイルをアップロードしてくれます。(Rubyの実行環境が必要です)

例えば、

$ ruby deploy.rb dev customerlist

のような形式で、dev環境に存在するcustomerlistアプリに対してアップロードする事ができます。(devとかcustomerlistの名前は自由に定義できます)

接続先のkintone環境やアプリを細かく設定できるので、開発環境にアップロードしたり、本番環境へアップロードしたり自由自在です( ー`дー´)キリッ

コマンドラインから実行できるという事は、他のツールと連動した使い方も可能になるわけです。

最近の弊社では、webpackgulpR3 kintone js deployerを組み合わせる事で、


  • JavaScriptファイルが変更された事を自動で検知

  • ソースを圧縮(Minify)

  • アプリへアップロード

の一連の操作を自動化しています。

ちょっと惜しい点としては、kintoneのデプロイAPIを使っているため、反映までに数秒かかってしまうという事です。

便利なツールを組み合わせて、kintoneカスタマイズをハッピーに!!