Qiita Teams that are logged in
You are not logged in to any team

Log in to Qiita Team
Community
OrganizationEventAdvent CalendarQiitadon (β)
Service
Qiita JobsQiita ZineQiita Blog
Article information
RevisionsShow article in Markdown
Report article
Help us understand the problem. What is going on with this article?

More than 1 year has passed since last update.

This post is Private. Only a writer or those who know its URL can access this post.

@h-takauma

【Mac版】M5StickCハンズオン環境構築

Mac用の環境構築を行います。

Arduino IDEダウンロード

M5Stickでプログラミングするためのツールをインストールします。
zipファイルを解凍してインストールしておきましょう。

既にArduino IDEをインストールしている方はこのステップを飛ばして構いません。

gitインストール

まだインストールされていない方はこちらから環境構築してください。

Node.jsとnpmインストール

Node.jsとnpmをインストールします。
下記URLから10.16.0 LTSをダウンロードしてpkgファイルを実行してください。

ターミナルを起動して、下記コマンドでバージョンが返ってくるか確認しましょう。

$ node -v
10.16.0

$ npm -v
6.9.0  // バージョンが違っていても出てくればOKです

ESPボードマネージャーインストール

Arduino-Preferencesを開きます。

s100.png

画面右下の設定ボタンをクリックします。

s101.png

URLを設定してOKボタンをクリック。

https://dl.espressif.com/dl/package_esp32_index.json

s102.png

ツール-ボード-ボードマネージャーをクリックします。

s103.png

esp32で絞り込みをして、インストールボタンをクリックします。

s104.png

M5Stickライブラリをインクルード

スケッチ-ライブラリをインクルード-ライブラリを管理をクリックします。

s105.png

M5Stickで絞り込みをして、インストールボタンをクリックします。
s106.png

サンプルスケッチを開く

ファイル-スケッチ例-互換性なし-M5StickC-Basics-HelloWorldを開きます

s107.png

サンプルスケッチをM5StickCに書き込む

ツールから各項目を設定していきます。

項目
ボード ESP32 Pico Kit
ボーレート 115200
シリアルポート /dev/cu.usbserial-XXXXXXXX
※環境によって値が変わります

s108.png

マイコンボードに書き込むボタンをクリックします。
s109.png

HelloWorldと表示されれば完了です。
s110.JPG

Visual Studio Codeをインストールする

Visual Studio Codeをインストールします。既にある方は構いません。

GitHubアカウントを作成する

下記URLからGitHubアカウントを作成します。既にある方は構いません。

LINEアカウント

こちらからLINEログインできるか確認してください。

Amazon Connectの電話番号を取得する

下記URLの手順に従って、Amazon Connectの電話番号を取得してください。

Article information
RevisionsShow article in Markdown
Report article
Help us understand the problem. What is going on with this article?
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Article information
RevisionsShow article in Markdown
Report article
Help us understand the problem. What is going on with this article?