Help us understand the problem. What is going on with this article?

HoloLensでローカライズしてみた

More than 1 year has passed since last update.

HoloLensでローカライズするシーンが出てきたため、
出来るかどうか試してみました。

HoloLensはまだ言語設定が英語しかサポートされていません。(2017年09月時点)
ストアにリリースして説明文をアプリ内で表示する際、やはりローカライズは必須です。

結論としてはタイムゾーンを取得してその設定が日本かどうかで判別するようにしました。
もっと良い方法があるかもしれませんが。。。

環境

サンプルコード

https://github.com/hirophilip/HoloLocalize

実装イメージ

プロジェクト作成

新規でプロジェクトを作成し、MixedRealityToolkit-Unityを導入してください。
Hierarchyはこんな感じにしました。

  • HoloLensCamera
  • 3D Text
  • 空のオブジェクト

s103.PNG

3Dテキストの設定

s100.png

スクリプト作成

GSUtil.csというファイルを新規作成して、空のオブジェクトにアタッチしています。
ファイルの中身はこんな感じにしました。
具体的にはTimeZoneInfoのIDを取得して中身がTokyo Standard Timeかどうかで判別しています。

GSUtil.cs
using System;
using System.Collections;
using System.Collections.Generic;
using UnityEngine;

public class GSUtil : MonoBehaviour {

    private static GSUtil _Instance;

    public bool isJapan = false;
    public TextMesh helloText;

    public static GSUtil Instance
    {
        get
        {
            if (_Instance == null)
            {
                _Instance = FindObjectOfType<GSUtil>();
            }
            return _Instance;
        }
    }

    private void Awake()
    {
        // タイムゾーン取得Tokyo Standard Timeなら日本とする

#if UNITY_UWP
        TimeZoneInfo timezone = TimeZoneInfo.Local;
        if (timezone.Id.Equals("Tokyo Standard Time"))
        {
            isJapan = true;
        }
        else
        {
            isJapan = false;
        }
#endif
        // ローカライズファイル初期化
        TextLocalizer.Init(isJapan);

    }

    // Use this for initialization
    void Start () {
        // Helloキーの値を取得する
        helloText.text = TextLocalizer.Get("Hello");
    }

    // Update is called once per frame
    void Update () {

    }
}

s101.PNG

ローカライズファイル読み込みプログラム

次にローカライズしたファイルを読み込めるようにプログラムを作成します。
Resourcesフォルダにそれぞれローカライズしたファイルを作成します。
s102.png

ファイルの中身はこんな感じです。
※Helloの間はタブ文字(¥t)を入れてください

english.csv
Hello Hello World!!
japanese.csv
Hello こんにちは世界!
TextLocalizer.cs
using System.Collections.Generic;
using System.IO;
using UnityEngine;

public static class TextLocalizer {

    // 文字列格納、検索用ディクショナリー
    private static Dictionary<string, string> sDictionary = new Dictionary<string, string>();

    /// <summary>
    /// 文字列初期化
    /// </summary>
    /// <param name="isJapan">日本語かどうか</param>
    public static void Init(bool isJapan)
    {
        // リソースファイルパス決定
        string filePath;
        if (isJapan)
        {
            filePath = "Text/japanese";
        }
        else
        {
            filePath = "Text/english";
        }

        // ディクショナリー初期化
        sDictionary.Clear();
        TextAsset csv = Resources.Load<TextAsset>(filePath);
        StringReader reader = new StringReader(csv.text);
        while (reader.Peek() > -1)
        {
            string[] values = reader.ReadLine().Split('\t');
            sDictionary.Add(values[0], values[1].Replace("\\n", "\n"));
        }
    }

    /// <summary>
    /// 文字列取得
    /// </summary>
    /// <param name="key">文字列取得キー</param>
    /// <returns>キーに該当する文字列</returns>
    public static string Get(string key)
    {
        return sDictionary[key];
    }

}

まとめ

かなり強引のやり方でローカライズしてみました。
はやく日本語がサポートされてほしいですね。

h-takauma
様々なIoT機器の研究開発を行っています。 AWSの研究開発がメインです。LINE API Expert('19〜) 最近はスマートスピーカーに夢中です! 著書「スマートスピーカーアプリ開発入門」https://amzn.to/2o0KGWs
i-enter
「効果」をつねに提供します。スマホアプリ開発No.1の実績。最新のIoTに対応した開発も行います。
https://www.i-enter.co.jp/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした