Posted at

【openFramewroks】Xcodeでよく使用したショートカットキーや実装のコツ

openFrameworksを使い始めて約1ヶ月、プロダクトを作れるようになりました。

ここでは私自身が忘れないように、開発エディタで使用したXcodeのショートカットキーや、開発でつまずきやすいポイントを備忘録としてまとめます!


デバックの方法

float value = 0.2;

std::cout << "value: " << value << endl;

float value = 0.2;
std::printf("value: %f\n", value);
std::printf("value: %.0f\n", value);
std::printf("value: %.3f\n", value);

引用:公式:変数の値を見る


よくあるエラー(自分の場合)


  • キャッシュ残っているとエラー出ることある

  • Xcodeで複数のファイルを開くと、iosのビルドエラーが出たりする

  • OSC通信でエラーでるときは、セキュリティが原因の場合あり

関連リンク:openFrameworksでOSC通信できない時はセキュリティソフトが問題かも


ショートカット


  • cmd + R:ビルド+ラン

  • cmd + shift + k:キャッシュクリア

  • cmd + .:中断

  • cmd + opt + Enter:2画面

  • cmd + ctl + プログラムをクリック:定義場所に移動

  • cmd + shift + O:ファイル名を指定して開く(opt+enterで分割表示)

  • cmd + shift + f:全体検索

  • esc or ctl + space:入力補完

  • cmd + opt + f:置換

  • cmd + 0:ナビゲーター表示切り替え

  • cmd + opt + 0:ユーティリティー表示切り替え

  • ctl + i:インデントの調整

  • cmd + z:戻る

  • cmd + shift + z:進む

  • cmd + ファイル選択:左画面のファイル切り替え

  • opt + ファイル選択:右画面のファイル切り替え


Sampleを探して、そこから実装する方が速い

openFrameworksは公式のサンプルが豊富なので


  1. Finderなどで試したいコードを検索

  2. 該当するサンプルファイルを開いて解読

  3. 自分のコードで試してみる

という開発フローが手っ取り早く実装できました。これはaddonにもいえます。何か実装したいときはサンプルを最初にみてみると良いです(自戒)


参考リンク