Help us understand the problem. What is going on with this article?

Google App Engine/GoのアプリをIntelliJ IDEAを使って開発する環境を構築する方法

More than 5 years have passed since last update.

環境構築手順

  1. IntelliJ IDEA 13 Community Editionをインストールする
  2. App Engine SDK for Goをインストールする
  3. IntelliJにgolangプラグインをインストールする

IntelliJ IDEA 13 Community Editionをインストールする

http://www.jetbrains.com/idea/download/
IntelliJ IDEAは有償エディションもあるがGAE/Goで使うには無償のCommunity Editionでおk

App Engine SDK for Goをインストールする

Google公式でGoogle Cloud SDKという管理ツールを出している。App Engine SDK for Goはこのツールでインストールできるので先にインストールしよう。Google Cloud SDKのセットアップが終われば、gcloud components update gae-goを実行することでApp Engine SDK for Goがインストールできる。

IntelliJにgolangプラグインをインストールする

今回はGithubで開発中の最新のgolangプラグインを使うので、自分でビルドするかここからダウンロードしてくる。どちらの場合でもjarファイルを入手したらIntelliJを開き、Preference -> Plugins上でInstall plugin from disk…を選択し入手したjarを指定する。これでインストールできる。

インストールに成功するとIntelliJの右上に「GOROOTとGOPATHを設定しろ」と表示される。ここに解決策が載っているが、Linuxなら/etc/environment、OSXなら/etc/launchd.confでGOROOTとGOPATHを定義し、OSを再起動すればおk。
このとき指定するGOROOTは僕の場合、/Users/grapswiz/google-cloud-sdk/platform/google_appengine/gorootだった。
もし既にシェルの設定ファイル(.bashrcや.zshrc)で設定した場合でも見つからないと表示されることがある。これはOSXやLinuxではIntelliJがシェル上の環境変数を受け継げないことが要因だ。

新しいGoogle App Engine/Goプロジェクトを作ってみる

File -> New ProjectでGo App Engineを選択する。Project SDKには{google cloud sdkをインストールしたディレクトリ}/google_appengineを指定する。僕の場合は/Users/grapswiz/google-cloud-sdk/platform/google_appengineだった。下記画像のようにGo App Engine x.x.x(xは変わる可能性あり)と表示されていれば設定成功だ。Finishをクリックすればソースコードを書き始められる。
スクリーンショット 2014-03-12 1.26.59.png

grapswiz
topgate
Google技術を中心に取り扱う技術者集団
https://www.topgate.co.jp/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした