Help us understand the problem. What is going on with this article?

RailsアプリケーションからSalesforceのBulk APIを使う

 Salesforceにデータを連携するアプリケーションをRailsで開発した際にデータの更新数が問題になった。
SalesforceのAPIを叩いて更新するわけだがAPIの実行回数の上限は、
ベースが24時間あたり,15,000回。

 システムのユーザーは現状500人程度だが毎月一人当たり30レコードが生成されるので、1レコードづつSOQLでAPI経由で更新していると現状でも15,000回に達してしまう!

 そこでBulk API!

 SOAP APIでログインして、ジョブを作成して更新したいデータをcsvでアップロードする、か、、面倒だな。。
と思っていたらgemがあった。salesforce_bulk_api

Restforceの認証を流用しているので移行も楽そう。

Update

@client = Restforce.new
@client.authenticate!
sf = SalesforceBulkApi::Api.new(@client)

# obj_name: SF側の更新対象オブジェクト。
# update_data: 反映するデータ。Hashの配列
sf.update(obj_name, update_data)

NULLデータの反映

Bulk APIではNULLや空文字列でフィールドの更新はしてくれないらしい。。NULLにしたいときは #N/A を使えと。。また面倒な。

salesforce_bulk_apiの updateメソッドでは、第4引数をtrueにすると、NULL値への更新ができるようになる。

sf.update(obj_name, update_data, false, true)

エラーメッセージの取得

Bulk APIは非同期で実行されるのでデフォルトでは、
SF側での実行結果は取得できない。updateメソッドだと第3引数をtrueにすると、
同期処理になってレスポンスでエラー結果が取得できる。

@client = Restforce.new
@client.authenticate!
sf = SalesforceBulkApi::Api.new(@client)

# obj_name: SF側の更新対象オブジェクト。
# update_data: 反映するデータ。Hashの配列
res = sf.update(obj_name, update_data, true, true)
Rails.logger.error resp['batches'].first.['response'].first['errors']
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした