PHP
シェルスクリプト
Slack

15分で便利なコマンド作った。

More than 1 year has passed since last update.


便利なコマンド

世の中には、色々便利なコマンドが存在する。

多くの人が、頑張って便利機能を作ってくれている。

しかし、なぜその方々は、このコマンドの必要性に気づかなかったのだろうか?

作ってみたら超便利なのに。。。

ということで、コマンドを作った。

そのコマンドとは。。。

$ hiratasan

詳細は、

botになる技術 YAPC::Asia Tokyo 2015

を御覧ください。

ゴールは、



$hiratasan



と打ったら、

#goroku平田さん? と投稿されること。

今12:46分なので、15分でチャキチャキ作っていこうと思います。

まず、slack の incoming web hook を設定します。

https://グループ名.slack.com/apps/manage/custom-integrations

の中から、Incoming WebHooks というのをクリックします。

そして、 Add configuration をクリックします。

そうすると、Post to Channel というビューが現れ、

所属するSlackグループのチャンネル一覧が現れます。

今回は、#goroku を選択します。

そして、Add なんちゃら というボタンをクリックします。緑色のやつですね。

ここまでで12:51。

なかなか厳しい。

出て来るWebhook URL をコピーします。

本当は画像とかを設定することもできますが、

今回は時間を短縮するために、なしにします。

変更した場合は、 Save Settings をクリックします。

ここまでで、ブラウザ作業は終了です。

次は、コンソールをクリックします。

適当に、goroku.phpというファイルを作りましょう。

そして、この記事の中に書いてあるコードをコピペします。

http://qiita.com/hoto17296/items/621a6e16f23785a543f3

https://hooks.slack.com/services/XXXXXXXXX/XXXXXXXXX/XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX

を、さっきコピーしたURL に書き換えます。

そして、



$message = array(

'username' => 'Bot',

'text' => 'fooooo!!!',

);

を、



$message = array(

'username' => 'hiratasan',

'text' => '平田さん?',

);



に書き換えます。

その後、ターミナルで



php goroku.php



と打ってみます。

そうすると、メッセージがポストされました。

めでたしめでたし。

こうなれば、後はもうかんたんです。

ホームディレクトリに戻って、

.bash_profile

を開きます。

そして、下の方に、



alias hiratasan='php goroku.php'

と書き、保存します。

その後、



source .bash_profile



と打ちます。

そうすると、超便利な hiratasanコマンドが使えるようになります!

これにて一件落着。

終了時刻は、13:04。

惜しい!

ちなみに、完成図はこんな感じ!

hiratasan result

また一つ、世の中を便利にしてしまった。