Help us understand the problem. What is going on with this article?

xcode-selectによるデベロッパディレクトリ管理

More than 3 years have passed since last update.

説明

xcode-selectは、xcrun(1)xcodebuild(1)cc(1)や他のXcodeやBSD 開発ツールにより使われるデベロッパディレクトリの場所を管理する。

xcode-selectにより、簡単に異なるバージョンのXcodeツールの切り替えが可能となる。

使い方

一つのシステムに複数のXcodeアプリケーションがインストールされているとき(例えば、Xcode.appとデベロッパプレビューを含むXcode-DP.app)、以下のコマンドで、コマンドライン開発ツールのためのXcodeを指定する。

xcode-select --switch  path/to/Xcode.app

デベロッパディレクトリを設定した後、xcode-selectで与えられた開発者ツールshimのすべてが、選択したデベロッパディレクトリの中のバージョンのツールを自動的に呼び出す。独自のスクリプト、Makefileや他のツールもxcrun(1)を利用することで、アクティブなデベロッパディレクトリの中のツールを簡単に検索することができる。異なるバージョンのXcodeツールの切り替えを簡単にし、Xcodeアプリケーションがデフォルト以外の場所にインストールされたシステムでも適切に機能する。

環境

DEVELOPER_DIR
アクティブなデベロッパディレクトリを上書きする。DEVELOPER_DIRが設定されると、その値はシステム全体でアクティブなデベロッパディレクトリの代わりに使用される。

xcode-select --switch /Applications/Xcode.app/Contents/Developer
xcode-select --switch /Applications/Xcode.app

/Applications/Xcode.app/Contents/Developerをアクティブなデベロッパディレクトリとして選択する。下の例では、xcode-selectがデベロッパコンテントディレクトリを自動的に推測する。

/usr/bin/xcodebuild

アクティブなデベロッパディレクトリからxcodebuildを実行する。

/usr/bin/xcrun --find xcodebuild

アクティブなデベロッパディレクトリ内のxcodebuildを検索するためにxcrunを使用する。

env DEVELOPER_DIR="/Applications/Xcode-DP.app" /usr/bin/xcodebuild

別のデベロッパディレクトリを使用してxcodebuildを実行する。

xcode-select --print-path

アクティブなデベロッパディレクトリを表示する。

xcode-select --install

コマンドライン開発ツールの自動インストールを要求するダイアログを表示する。

Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away