Qiita Teams that are logged in
You are not logged in to any team

Log in to Qiita Team
Community
OrganizationAdvent CalendarQiitadon (β)
Service
Qiita JobsQiita ZineQiita Blog
Help us understand the problem. What is going on with this article?

DraftSight Tips

More than 1 year has passed since last update.

draftsight.jpg

自分用のメモとして。
主に寸法関連のよくハマるやつを1

寸法数値の四捨五入

  1. 寸法線を選択
  2. プロパティのPrimary UnitSystem > +/- の値を変更(デフォルト:0)

例:0.5mm 刻みにしたいの場合は0.5とする。

Rや穴の寸法数値の前にある "R" や "φ" を消したい

  1. まず Command Window で変数を変更する
dimpost
<>
  1. 次に、寸法(直径 or 半径)を入れる。(寸法数値のみが記入されるはず)

  2. 寸法が記入できたら、

dimpost
. (←ドット)

として元に戻しておくこと。

直径寸法の寸法数値に「4-3.2キリ」とか入れたい

即値で直接上書きしてもいいけど、それやると寸法線を動かしても値が更新されないので、以下のように。

  1. 前項のTIPSで、まず"φ"を消しておく。
  2. 直径寸法を記入する。
  3. プロパティのPrimary UnitSystem > 0.00の打ち消し線の下にabcと描いてあるアイコン の値に 4-<>キリと入力

<>は寸法数値を表す。

部分拡大図の寸法値倍率変更

以下、ビューポートを使わずに個別に寸法数値の縮尺を変更する姑息な方法

  1. 寸法線を選択
  2. プロパティのPrimary UnitSystem > xn の値を変更(デフォルト:1)

例:拡大図 2:1 (2倍)の場合は0.5とする。1/2と入力してもよい。

ただ、この方法で個別に変更すると修正漏れを招く恐れ大なので、やはりビューポートを使ったほうがよいと思われ。

斜め寸法などの寸法数値の配置を寸法線の上/下に反転・移動

AutoCADと同じ方法は使えないっぽいので、以下に手動で寸法数値を動かす方法を

  1. 寸法線を選択
  2. プロパティのText > A回転マークっぽいやつ の値を好みの角度に変更。 このままだと寸法数値が寸法線の上下中央に配置されてしまう
  3. プロパティのFit > keep dimline with textMove text, no leader に変更
  4. これで寸法数値が自由に動かせるようになるので、寸法線の上にうまいこと調整して配置する

Auto save ファイル

ときどき不意に落ちるので、オートセーブのファイルを復元するとよいです。

ファイルの場所(Mac版)

デフォルトの状態では、オートセーブファイルは
/Users/ユーザ名/Documents/DraftSight_ユーザ名_autosave/元のファイル名_XXX_X.ds$
という名前になっているようです。中身は元の .dwg 形式です。

復元

cd /Users/ユーザ名/Documents/DraftSight_ユーザ名_autosave/
cp  hoge_123_4.ds$ ~/Downloads/hoge.dwg
open ~/Downloads/hoge.dwg

などとして、DraftSight で開けばよいです。

確認バージョン

  • DraftSight 2018 SP2.1 (BETA) Mac版

参照


  1. 寸法いじりだすとうまくいかないことが多いけど、AutoCADでも昔よくハマってたし、フリーでここまでできれば言うこととないです。そういえば、IntelliCAD はもうやめたんかな。昔買ったのに。 

gnrr
Just a yak shaver
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away