AWS
lambda
APIGateway

AWSのAPIGatewayとLambdaの組み合わせを手軽に作成してみた

AWSのAPIGatewayとLambdaの組み合わせを手軽に作成してみた

はじめに

APIGatewayを手軽に作成してみました。Lambdaを実行し、固定文字列(json)を返します。

ロールの作成

以下のロールを作成します。既に作成済み場合は次へどうぞ。

  • Lambdaの実行権限を持つロール

IAMのロールからロールの作成を行います。Lambdaを選択して、

ロールの作成 その1

AWSLambdaBasicExecutionRole のポリシーを選択します。
DynamoDBにもアクセスしたい、などありましたら、適宜追加してください。

ロールの作成 その2

ロール名は適当に。

Lambdaの作成 その3

Lambdaの作成

microservice-http-endpoint-python3 を使用して作成します。
フィルタに追加すると絞り込めます。

Lambdaの作成 その1

ポチポチと入力していきます。さきほど作成したロールを使用します。

Lambdaの作成 その2

関数コードはシンプルにしています。Pythonで書きます。

import json

print('Loading function')

def lambda_handler(event, context):

    data = {}
    data['Message'] = 'This is return message.'

    return {
        'statusCode': '200',
        'headers': {
            'Content-Type': 'application/json',
        },
        'body': json.dumps(data),
    }

動作確認

httpアドレスを調べます。下記に記載してあるのでコピーします。

Lambdaの作成 その3

そして、ブラウザでアクセスすると、、、

結果

できました!!

あとはLambda側で好きにすれば、いろいろなことができますね。

参考Webサイト

今回は手軽に作成しましたが、APIGatewayでは様々な設定をすることが可能です。
その参考として下記Webサイトを載せておきます。(AWS公式ドキュメントも確認しましょう。)