Help us understand the problem. What is going on with this article?

Monarch対応開発キット - UnaMKR -

シンガポール・台湾のSigfoxオペレータUnaBizからSigfoxグローバル・シームレス・ローミング技術Monarchに対応した開発キットUnaMKRが販売されています。
image.png
UnaMKRは、Sigfox Monarchに対応した開発ボードであり、Arduino MRKZERO互換を持ったモードに加え、Modemモード、Embedモードが用意され、様々な視点でのIoT学習やプロトタイプ開発でもお使いいただけます。
海外シームレスローミング技術であるMonarchに関してはこちらも参考にしてください。

UnaMKRのハードウェア概要

UnaMKRは、各国のSigfox運用技術基準に対応した全RC(RC1~RC6)をサポートした通信モジュールを搭載しているほか、BLEモジュール、9種類のセンサ(BME680、LSM303)が内蔵されています。

内容 詳細
サイズ 25 x 69 mm
質量 16g
Sigfox Monarch
Radio Configuration RC1、RC2、RC3、RC4、RC5、RC6
Bluetooth 5.0
アンテナコネクタ I-PEX SMA
搭載センサ 加速度、磁気、ガス、温度、湿度、気圧、照度、リードスイッチ、ボタン

image.png

UnaMKRのオペレーションモード

UnaMKRは、下記3種類のモードが用意されており、通信モジュールにATコマンドで直接制御したり、Arduinoや内蔵されているST BlueNRG-2 SoCから制御することも可能であり、様々な試作開発シーンで有効な開発キットとなっています。

  • Modem: Sigfox通信モジュールをUSBシリアルケーブルに接続したPC等から直接ATコマンド制御するモード
  • Arduino: Arduino MKR Zeroから通信制御するモード
  • Embed: 低消費電力デバイス向けST BlueNRG-2 SOCから通信制御するモード
モード 消費電力量 電力源 センサ利用可否
Arduino + (多い) Arduino Pins
Modem - (少ない) Micro USB / DC 不可
Embed -- (最少) Micro USB / DC

ArduinoモードとModemモードの切り替えはジャンパの切り替え、Embedモードへの切り替えはSTツールを使ったファームウェア更新が必要です。

海外ローミングに対応したLPWAソリューションを作ってみたいという方に適した開発キットかと思います。
内蔵されているLITEON社製通信モジュールも、技適取得済みですし、1年間の無料回線も含まれています。

こちらに各モードの使用方法をまとめています

Welcome to the 0G World!
image.png @ghibi

sigfox
IoT向け無線ネットワーク Sigfoxを日本国内で構築運用
https://www.kccs-iot.jp/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした